橋本愛“トラコ”次のターゲットは母親? 再び“1万円”で問う 『家庭教師のトラコ』第4話あらすじ

0

2022年08月10日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真10日放送『家庭教師のトラコ』第4話に出演する橋本愛 (C)日本テレビ
10日放送『家庭教師のトラコ』第4話に出演する橋本愛 (C)日本テレビ
 俳優・橋本愛が主演し、きょう10日に放送される日本テレビ系連続ドラマ『家庭教師のトラコ』(毎週水曜 後10:00)第4話の場面カットとあらすじが到着した。

【写真】中村蒼演じる福多のド派手コスプレ

 脚本家・遊川和彦氏が手がけるオリジナルストーリーで、伝説の家庭教師・トラコ(橋本愛)が問題を抱えた3つの“家庭を教師する”個別指導式ヒューマン物語。トラコこと根津寅子が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と3人の子どもを救っていく。

■第4話あらすじ

トラコは、真希(美村里江)がリストラの危機に直面していることを知る。会社の方針に従わない真希にメール室へ異動の辞令が出たのだ。「いい加減、大人になれ」という上司に、真希はたんかを切って自ら会社を辞めてしまう。中村家の生活費を心配するトラコは、「ご主人に相談なさったらどうですか?」と助言するが、真希は「そんな必要ないです」と聞く耳を持たない。

そんな中、真希は夫・朔太郎(細田善彦)から、義母が振り込め詐欺で100万円をだまし取られたと聞かされる。「助けてやってくれないか」という朔太郎の頼みを、真希は「あたしなら絶対ひっかからない」と突っぱねる。「先生、あたし、冷たいと思います?」と尋ねる真希にトラコは「1万円拾うのと1万円あげるのと、どっちが幸せだと思いますか?」と問う。

真希は次の就職先がなかなか決まらず焦り始める。母への援助をお願いしてくる朔太郎に対して「無理に決まってるでしょ!」と思わず声を荒らげてしまった真希は、知恵(加藤柚凪)に「バアバに自分のお小遣いをあげる」と言われ、やりきれなくなり…。そんな真希に、トラコは「人助けや社会貢献にもなり、能力によってはかなりの高収入が見込まれる仕事がある」と紹介する。
    ニュース設定