ウィリアム王子&キャサリン妃、息子を誕生日パーティに招待した6歳少女の手紙に返信

0

2022年08月11日 11:01  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真ジョージ王子宛の手紙に返信したウィリアム王子夫妻(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年6月3日付Instagram「Today we gave thanks for Her Majesty The Queen’s inspirational service to our country and the Commonwealth over the past 70 years.」』のスクリーンショット)
ジョージ王子宛の手紙に返信したウィリアム王子夫妻(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年6月3日付Instagram「Today we gave thanks for Her Majesty The Queen’s inspirational service to our country and the Commonwealth over the past 70 years.」』のスクリーンショット)
ウィリアム王子とキャサリン妃が、長男ジョージ王子を誕生日パーティに招待した6歳の少女に心温まる手紙を送ったという。日頃から多くのファンレターを受け取る夫妻が返信をしたことに、SNSではさまざまな意見が飛び交っている。

英メディア『Express.co.uk』によると、匿名の女性の娘が6歳の誕生日パーティを行うため、数か月前にウィリアム王子とキャサリン妃の第1子ジョージ王子に招待状を送ったという。ジョージ王子は出席できなかったものの、王室から心温まる返事が届いたそうだ。

ケンジントン宮殿から届いた手紙を公開したのは、「@xxAimeeRoxyxx」という女性ユーザーの非公開のツイッターアカウントだ。

投稿には「彼女がキープできる素晴らしいもの」と記され、手紙の内容がこう綴られていた。

「ケンブリッジ公爵夫妻から、ジョージ王子を6歳の誕生日パーティに招待する旨の手紙にお礼を言うようにと依頼されました。お返事に時間がかかってしまい申し訳ありません。」

女性が返事を受け取ったのは誕生日パーティが終わった後だったが、手紙ではジョージ王子が参加できなかったことを改めて伝えていた。

「両殿下は、あなたからの親切なご招待に大変感謝されておりました。とても残念ではありますが色々と検討した結果、両殿下は不本意ながらお断りせざるを得なくなりました。とはいえお誕生日を楽しく過ごされたと思います。」

そして最後には、ウィリアム王子夫妻からの感謝の気持ちがこのように述べられた。

「ケンブリッジ公爵夫妻は、自分達の息子であるジョージ王子宛てに手紙を書いてくださったことに大変感激しています。最高の思いやりに、両陛下から心からのお礼とご挨拶を申し上げるようにとのことです。」

王室には常に大量のファンレターやメッセージが届いているが、ウィリアム王子夫妻が返信をしたことにSNSではこのような声が見受けられた。

「いつも通りスタッフが代行したとはいえ、返信してくれるのはありがたい。無視することもできたが、自分達とジョージ王子のことを思ってくれたことに感謝の意を表したんだ。」
「ほかの母親が真似をして手紙を送り、王室からの返事を友達に見せびらかすようになるよ。」
「これはウィリアム王子夫妻じゃなくて、スタッフがフォーマルな手紙を書いただけだよね。」

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年6月3日付Instagram「Today we gave thanks for Her Majesty The Queen’s inspirational service to our country and the Commonwealth over the past 70 years.」』『Duke and Duchess of Cambridge 2022年7月22日付Instagram「George is turning 9!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

    前日のランキングへ

    ニュース設定