関西 台風直撃の可能性は小さくても油断禁物! 急な雷雨や危険な暑さに注意を

2

2022年08月11日 11:31  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

関西 台風直撃の可能性は小さくても油断禁物! 急な雷雨や危険な暑さに注意を

11日(木)9時現在、日本の南の海上にある熱帯低気圧は、今後24時間以内に台風になる見込みです。関西では、台風直撃の可能性は小さいものの、向こう一週間は急な雷雨と蒸し暑さに注意が必要です。



●台風の直撃はなくても油断禁物! 急な雨や雷雨に注意を 太平洋沿岸部ではうねりにも気をつけて


関西では、このあと発生が予想される台風直撃の可能性は小さいものの、向こう一週間は、台風を取り巻く湿った空気や日本海に停滞する前線の影響を受ける見込みです。このため、晴れたり曇ったりの変わりやすい天気の日が多く、山沿いだけでなく都市部でも、雨や雷雨になる所があるでしょう。屋外で過ごされる際は、急な強い雨や落雷、突風などに注意が必要です。また、太平洋沿岸部では、あさって13日(土)ごろにかけて、台風からのうねりが届く見込みです。風が極端に強く吹くことはなくても、ときおり力強い波が押し寄せる所があるため、海でのレジャーの際は油断をしないようにしてください。


●しばらくは危険な暑さが続く 車内での熱中症にも注意を!


台風周辺の湿った空気などの影響で、向こう一週間は、関西のほとんどの所で危険な暑さが続く見込みです。お盆期間は車で移動する機会が増える時期ですが、走り始めには窓を全開にするなど、車内での熱中症にも注意をしてください。


このニュースに関するつぶやき

  • 関東地域を雨で涼しくして欲しいです。まだ暑さの方が強そうですけど…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定