中山優馬、後輩・佐藤新&織山尚大W主演ドラマのエンディング主題歌担当 もどかしさあふれる予告編も公開

0

2022年08月11日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『高良くんと天城くん』エンディング主題歌を担当する中山優馬
『高良くんと天城くん』エンディング主題歌を担当する中山優馬
 歌手で俳優の中山優馬が、18日からMBSテレビほかで放送されるドラマ『高良くんと天城くん』のエンディング主題歌「Squall」を担当することが決定した。ジャニーズJr.の人気グループ・IMPACTorsの佐藤新と少年忍者のメンバーの織山尚大がW主演する同作を、今年でソロデビュー10周年を迎えた中山が久々の新曲で盛り上げる。

【動画】エンディング主題歌入り予告編が公開

 同作は、はなげのまい氏による人気漫画(キトラ/KADOKAWA)を実写化。クラス一軍グループに所属する雰囲気イケメンのこじらせ男子・高良(佐藤)と、地味だけど、かわいくてピュアな高校生男子・天城(織山)。クラスメイトでもグループカーストの差から、一見交流のないように見える2人による、尊い“キュン”が詰まったボーイズラブストーリー。

 さらに、このエンディング主題歌を使用したもどかしさあふれる予告編が解禁となった。「そういえば、一度も好きって言われてない―」と、学校での高良の態度に不安を募らせる天城など、不器用でもどかしい2人の恋愛模様が垣間見える映像に、中山の切なさに満ちた歌声が見事にマッチする。中山の楽曲が言葉にならない2人の内なる心情を情緒的にかき立てている。

 中山は「ソロデビュー10周年のタイミングに後輩のドラマのエンディング曲を担当させていただくことになり、とてもうれしいです」とコメント。「『Squall」は、前向きな中にも憂いを秘めた切ないラブソングです。ドラマにも合っていると思うので、作品の世界観を広げられるような曲になればいいなと思っています。風景が浮かぶような言葉の使い方が魅力的で、耳心地がよく、歌っていても気持ちがいい曲です。ぜひ、ドラマと一緒に楽しんでください」と聴きどころをアピールしている。

 ドラマは、MBSテレビ1年限定の放送新枠「ドラマシャワー」枠で、全8話が18日深夜1時29分より放送。テレビ神奈川でも18日深夜1時に初回放送スタート。そのほか、チバテレ、テレ玉、とちテレ、群馬テレビでも順次放送。TVer、MBS 動画イズム、GYAO!では見逃し配信が決定している。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定