巨人2カード連続勝ち越し 中田V打&好捕、山伊6回1失点で4勝目&2打点

4

2022年08月11日 17:30  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・中田翔 (C)Kyodo News
巨人・中田翔 (C)Kyodo News
● 中日 1 − 6 巨人 ○
<17回戦・バンテリンドーム>

 連勝の巨人は2カード連続の勝ち越し。残る借金は「2」となった。

 巨人は初回、移籍後初めてスタメン4番に座った中田の中前適時打で先制。4回は7番・大城の中前適時打で2−0とした。6回は9番・山伊が自らを助ける左越え2点適時二塁打を放ち4−0。さらに、1番・吉川も適時二塁打を右翼線へ運び5点目を加えた。

 山伊は投げても5回まで1安打無失点の快投。5点リードの6回は投ゴロを右足に受け(記録は投安)一時ベンチに下がるアクシデントもあったが、6回を投げ切り4安打1失点で4勝目(3敗)。6回は一死満塁のピンチで一塁・中田が防球ネットに突っ込みながらファウルフライを好捕するなど、バックも堅守で2年目右腕を盛り立てた。

 山伊は打席でも2安打2打点と大当たり。これで今季の打点数は「5」となり、打率は.375(16打数6安打)、得点圏打率は.800(5打数4安打)に跳ね上がった。

このニュースに関するつぶやき

  • 不調の岡本選手の代役として4番に座った感じですね、別球団で長らく4番を張っていた実績がありますが、巨人の4番の重圧は凄いでしょうね。。このまま好調が続いてほしいですね
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定