「カッパを探しています」の貼り紙に驚きの声「カッパのイメージが…」 最後に目撃されたのは48年前、捕獲すれば1000万円の賞金も

52

2022年08月11日 17:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真遠野市のあちこちで見ることができるという「カッパを探しています」という貼り紙(提供:Bob Ojisan)
遠野市のあちこちで見ることができるという「カッパを探しています」という貼り紙(提供:Bob Ojisan)

ツイッターに次々と投稿された「カッパを探しています」というチラシ。チラシ中央にはカッパと思しき未確認生物の絵が描かれています。このチラシを作成した担当者にお話を聞きました。

【写真】カッパの貼り紙を詳しく見る

目撃情報を元にしたカッパの姿は、手や足の水かきはあるものの頭の皿がなく、うつろな表情。昔話やアニメで作られてきた、ひょうきんなイメージを覆えすインパクト。こちらは、画家の多田裕子氏が目撃者からの聞き取り情報を元に作成したモンタージュで、身長は60cmぐらいで、性別不明とのこと。

このチラシを目にした人からは「かっぱさんのイメージが…」「カッパ(•Ӫ•)目撃してみたい!」「このカッパの絵のグッズが欲しい、、、笑」などの声が寄せられていました。また、ツイッターに投稿したうちのひとり、新潟市在住でフリーランススタイリストの五十嵐さんは、「シンプルに描いたかっぱの絵なのに探しているというチラシのそれっぽさがあってめっちゃ笑いました」と語ります。東北旅行で遠野に立ち寄った時にチラシを発見したとのことです。

カッパの本当の姿とは、いったいどのようなものなのか。そして、チラシから目撃情報の募集を知った人々の反応はどうだったのでしょうか?

最後の発見から48年。今なお神秘的な存在、カッパ

チラシを作成したのは「岩手・遠野 伝承園」(岩手県遠野市)。遠野地方の昔の農村の生活を伝える観光施設で、カッパの神様を祀るカッパ渕からは徒歩5分の場所にあります。「伝承園」の広報担当者に、カッパの目撃情報などについてたずねてみました。

ーー「カッパを探しています」のチラシには、現在(2022年8月5日)の段階で反響はありましたか。

「チラシは今の時点で3000枚用意し、遠野市内に貼ってもらえるよう配布して広く告知しております。ただ、まだ目撃者などの反応はありません」

ーー過去のカッパの目撃情報について教えてください。

「遠野市でカッパを目撃したという人は3人おり、場所はすべて遠野市内の附馬牛町(つきもうしちょう)から流れている川や、附馬牛町の林道でした。最初の目撃情報は明治40年代です。最後に目撃されたのは1974年で、地元の人が猿ケ石川(さるがいしがわ)の近くで見ています。その時の証言をモンタージュして描いたのがチラシのカッパの絵です」

ーー謎に包まれたカッパですが、地元の人にとっては一体どんな存在なのでしょう。

「カッパは漢字で河の童(わらす)と書きますよね。川で遊ぶ子どもや、昔、口減らしで川に流された子どものイメージがあります。遠野の人にとって、カッパは子どもでもあり、神さまでもあるのです」

無邪気な子どもと、農村の悲しい記憶、そして人知を超えた畏れの対象。親しみやすい印象を持たれがちなカッパですが、地元でのイメージは単純なものではないようです。

カッパを呼び寄せるか!? 「遠野カッパ夏祭り」では貴重なカッパコレクションも

ーー「岩手・遠野 伝承園」のツイッターでは「遠野カッパ夏祭り」というイベントを紹介されていましたが、どのようなお祭りですか。

「遠野カッパ夏祭り』という名前でイベントを開催したのは、今年、初めてのことなんです。これまでも、ゴールデンウィークやお盆といった長期休暇には、『語り部による昔話』や『カッパおじさんのツアー』が無料で行われていました。今回のイベントでは「カッパは生きている」をテーマに、この場所だからこそのカッパ体験を楽しんでいただければと思い企画しました」

ーー「夏祭り」は語り部さんの昔話や、カッパおじさんのツアーに加え、食堂ではカッパソフトや、カッパ焼きなどの新メニューがもりだくさんのようですが、おすすめを教えてください。

「『夏祭り』の目玉は、カッパの研究で知られる和田寛(わだひろし)さん(故人)のコレクションの展示です。和田さんが収集したカッパに関するグッズなどの一部を、期間限定でお借りして行うので貴重なのです。また、園内でキーワードラリーを開催中で、6つのキーワードを集めて言葉を完成させると、カッパの缶バッジをプレゼントします」

ーー最後に、記事を読んでいる人にメッセージを。

「まずは、カッパを探すのを手伝ってください。カッパを傷つけず、上手に捕まえられたら遠野市から1000万円がもらえます! まだ捕まえた人はいません」

「伝承園」の売店ではさまざまなカッパグッズや遠野の名産品とともに、遠野市が発行する「カッパ捕獲許可証」(220円・有効期間は令和5年3月31日まで)も販売されています。カッパおじさんによるカッパ淵とカッパ園内ツアーは9月25日までの毎週土曜日2時から(8月20日は休、19日に予定)。カッパの存在を強く感じつつ、カッパ捕獲&1000万円ゲットの夢も見られそうです。

岩手・遠野 伝承園
住所:岩手県遠野市土淵町土淵6地割5番地1
電話:0198-62-8655

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・谷町邦子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 私のアイコンもかぁたんなぐらいカッパ好きなんだけど、このポスターの生物をみかけてカッパだと思える気がしないんよ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(38件)

前日のランキングへ

ニュース設定