日本ハム・清水がサヨナラ打!母校の初戦突破に刺激「僕も負けられない」

2

2022年08月11日 19:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武にサヨナラ勝ちし、新庄監督(手前)と笑顔でタッチを交わす日本ハム・清水 (C)Kyodo News
西武にサヨナラ勝ちし、新庄監督(手前)と笑顔でタッチを交わす日本ハム・清水 (C)Kyodo News
○ 日本ハム 3x − 2 西武 ●
<19回戦・札幌ドーム>

 日本ハムは今季5度目のサヨナラ勝ち。引き分けを挟み3連勝とし、残る借金は「16」となった。

 日本ハムは1点を追う5回、先頭の5番・野村が中越え三塁打でチャンスメイク。一死後、7番・今川が9号ソロを左翼席へ運び逆転した。その後2−2の同点に追いつかれたものの、延長10回は再び野村が右中間突破の二塁打でチャンスメイク。そのあと申告敬遠などで二死一、二塁となり、8番・清水の左前適時打でサヨナラ勝ちした。

 投げてはプロ初先発の鈴木が7回途中2失点の力投。7回は同点に追いつかれ、なおも一死一、二塁のピンチだったが、3番手のメネズが見事な火消しを見せた。8回以降は無失点リレー。6番手の井口が今季初勝利(1セーブ)を手にした。

 試合後はベンチ前で恒例の一本締めが行われ、サヨナラ打を放った清水が「私事なんですけど母校が初戦を突破しました。それを思い、僕も負けられないと思って、チームが勝ててめちゃくちゃうれしいです」と笑顔で音頭をとった。

 清水の母校・九州国際大付(福岡)は、同日に行われた全国高校野球選手権大会で明徳義塾(高知)との初戦に臨み2−1で勝利。夏の勝利は7年ぶりで、高松商(香川)と対戦する3回戦進出を決めた。

このニュースに関するつぶやき

  • 意地を見せた清水選手、好調の今川選手、あと鈴木投手先発適性ありそうですね。次回あるか分かりませんがこの首位相手へ勝ち越しは大きいですね。清宮選手も無事だと良いですが
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定