松本人志『ドキュメンタル』シリーズ初の“異種格闘技戦”に香取慎吾、綾小路翔、貴乃花光司ら集結

13

2022年08月11日 23:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITED (C)YD Creation
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITED (C)YD Creation
 お笑い芸人・松本人志が企画・プロデュースする筋書きなしの笑わせ合いバトル新シーズン『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITEDが、今月17日より、Prime Videoにて本編4話が一挙独占配信されることが発表された。なんと今回、お笑い芸人の出場はゼロ。綾小路翔(氣志團)、香取慎吾、上地雄輔、貴乃花光司、高橋克典、六平直政、森内寛樹(MY FIRST STORY)ら7人が集結し、シリーズ初の“異種格闘技戦”が開催される。

【動画】『ドキュメンタル』シーズン11予告編

 『ドキュメンタル』シリーズといえば、松本によって選ばれたお笑い芸人たちが、「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得した者が優勝」というルールのもと、2016年に配信開始以降、Prime Videoで不動の人気を誇ってきた。

 シーズン11は、もともと実験的だった同番組の「分岐点になる」(松本)新たな実験がすでに始まっていた。

 7月某日、「まさかのキャストで、まさかの番組はじまる。」というコピーのもと突如、キャッチーなダンスと共にまさかのキャストが続々と明らかになる動画が解禁され、SNS上でも「何が始まるんだ…?」「何が何だか分からないが楽しみ!」等と話題と謎を呼んだ新番組『DANCEMOULT』。

 きょう11日、松本が出演する『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の放送中に新たなテレビCMが放送され、その謎に包まれた番組の内容がいよいよベールを脱いだかと思いきや、実は『DANCEMOULT』は「DOCUMENTAL」のアナグラムだったことが発表され、『ドキュメンタル』の最新シーズンだった、という衝撃的な事実が明らかになった。

 公開された予告編では、松本の『ドキュメンタル』に対する新たな実験と野望を感じさせる言葉とともに、挑戦者たちの雄姿が映し出されていく。「今回が分岐点になる、参加者は全人類」と松本が語るように、これまでの『ドキュメンタル』の常識を覆し、新たな進化を感じさせる今作。

 「負けたくないです」と意気込む貴乃花は驚きのコスプレ姿でモノマネを披露、「武道館より緊張してます」と緊張した言葉とは裏腹に、芸能界の大先輩に強烈なケツバットをお見舞いする森内、そして「とにかくワクワクしてます!」と語る香取は衝撃的なビジュアルに変貌。まさに“アンリミテッド”な予測不能な展開に期待が高まる。

 さらに、彼らの激闘を松本とともに見届ける「オブザーバー芸人」として、藤本敏史(FUJIWARA)、ケンドーコバヤシ、後藤輝基(フットボールアワー)の参加も発表。『ドキュメンタル』シリーズの常連である彼らならではの鋭いツッコミにも注目だ。

 同時解禁となったキービジュアルには、挑戦者たちが洗礼されたスマートな姿で一挙集結、と思いきや、よく見るとピコピコハンマーやハリウッドザコシショウのネタでお馴染みの目玉メガネ、猫耳など、各自が小道具を携えており、真剣な眼差しとのギャップも見どころ。

 収録を終えた松本は、「今回のアンリミテッドというのは、これまでの型に収まらないというか、たが外しちゃえというか。もう本当に誰が出てもいいし、男女混合でも、子どもだっていいわけで。参加者は全人類だということですね。最後は本当にチンパンジーくらいまでいけたらいいなと思ってますけど。メンバーはアンリミテッド一発目としては完璧やなと思うし、やっぱり芸人の戦いとは全然違うのね。今回が分岐点になるんでしょうね。そしてもうぶっちぎりのお笑いモンスターがいましたね。いや、ちょっとすごかったな…僕はもうめちゃくちゃ面白かったです」とコメント。

 松本絶賛の「ぶっちぎりのお笑いモンスター」は誰なのか? 新たな実験の行方と、それに挑む挑戦者たちの無限の可能性に期待大だ。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 格闘技???
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定