ハリルホジッチ氏、またもW杯直前に退任決定…モロッコサッカー連盟「円満に別れる」

8

2022年08月11日 23:12  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ハリルホジッチ氏の退任が決定 [写真]=Getty Images
ハリルホジッチ氏の退任が決定 [写真]=Getty Images
 王立モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、モロッコ代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の退任を連盟公式サイトで発表した。

「FRMFと代表Aチームのヴァイッド・ハリルホジッチ監督との間で、FIFAワールドカップカタール2022の最終段階に向けてチームを適切に準備することに関して見解の相違があったため、両者は友好的に別れることで同意しました。FRMFはハリルホジッチ氏に対し、代表チームの指揮を執る中で成し遂げた仕事、主に才能ある有望な若手選手の抜擢による次のワールドカップへの出場権獲得に謝意を表明しています。ハリルホジッチ氏も代表チームの今後の成功を祈念しています。FRMFは、2022年ワールドカップに向けて代表チームが良い準備ができるよう、あらゆる手段を動員していくことを表明します」

 ハリルホジッチ氏は2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任。カタールW杯アフリカ最終予選を突破し、モロッコ代表を2大会連続6回目となる本大会出場に導いた。一方、以前から主力選手との確執が表面化。チェルシーに所属しているMFハキム・ツィエクは既に代表引退を宣言しており、当時アヤックスに所属していたDFヌサイル・マズラウィ(現:バイエルン)は2020年11月を最後に招集から遠ざかっている。これらの選手選考について批判の声が高まり、ワールドカップ直前のこのタイミングで退任が決定した。

 ハリルホジッチ氏は2大会連続でワールドカップ予選を勝ち抜きながら、本大会では指揮を執らないことになった。FIFAワールドカップロシア2018の時には日本代表を率いてアジア最終予選を通過したものの、2018年4月に解任が決定。また、FIFAワールドカップ南アフリカ2010ではコートジボワール代表を本大会へと導いたものの、2010年2月のアフリカネイションズカップ準々決勝敗退に伴い、監督の座から降りていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 日本代表は空いてまっせ(笑) 今の監督は守りにしか行かないだろうし、そんなサッカー見るだけ時間の無駄やしね(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定