3時のヒロイン、トリオ結成5年「覚悟がある人が夢をかなえることができる」【インタビュー】

0

2022年08月12日 08:20  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真3時のヒロイン (ヘアメーク:薗部聖奈、小谷美佳/スタイリスト:梅津美羽)
3時のヒロイン (ヘアメーク:薗部聖奈、小谷美佳/スタイリスト:梅津美羽)

 アカデミー賞史上最多の14部門ノミネートで、世界中で話題を呼んだ映画『ラ・ラ・ランド』の世界が味わえる、「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ランド ザ・ステージ初来日公演」が、8月18日から開催される。この公演は、ハリウッドでたった一度だけ開催されたステージ・エンターテインメントで、既存のフィルムコンサートにはなかった、ダンサーたちのライブ・パフォーマンスをはじめ、豪華な花火や特殊効果、88人編成のフルオーケストラとジャズ・バンドの生演奏などによって、これまでにないステージが繰り広げられる。PRアンバサダーに就任した3時のヒロインの福田麻貴とかなでに、公演の見どころや、映画『ラ・ラ・ランド』でも描かれた“夢を追うこと”についての思いを語ってもらった。




−映画『ラ・ラ・ランド』が公開当初から大好きだったそうですが、映画のどんなところに魅力を感じましたか。

福田 まだ全然仕事がないときに見た映画だったので、ストーリー的にも刺さる部分は多かったんですが、でも、それよりも響いたのは音楽とダンスと歌とピアノとファッションです。おしゃれでロマンチックで、とにかく全てがドンピシャで、始まった瞬間から最後までずっとくぎ付けでした。パーフェクトな映画だと思います。

かなで 私もミュージカルが大好きで、いろいろな作品を見ていますが、『ラ・ラ・ランド』にしかない空気感や音楽はすごくすてきだと思います。ミュージカルって歌い上げる系の曲が多いんですが、『ラ・ラ・ランド』の楽曲は切ない曲も多くて、これまでにない楽曲だと私は感じたので、それも魅力だと思います。

−特に印象に残っているシーンは?

福田 もちろん有名なピアノのシーンとか、ダンスをしているシーンとか、冒頭のシーンとかは、当たり前に大好きなんですけど、それ以外でいったら、セブとミアがすれ違ってけんかになってしまって料理が焦げるシーンです。そのシーンのせりふが、「そうやって人ってすれ違うんだよね」というのがリアルに表現されていて印象に残っています。

かなで 私は、友達がパーティーに誘うシーンがすごく好きです。あと、ラストの方で、面接をしているときに、普通の会話からだんだんと歌になっていくところはすごかったです。

福田 すごかったよな、あのシーンは。コントでまねしようと思ったことあったもん。

−では、夢を追いかけるセブとミアの姿を描いた本作にちなんで、ぜひ、お二人から夢をかなえようと頑張っている若者へメッセージをお願いします。

福田 難しいですね…。自分もずっと夢を追い掛けてきたので、だからこそ軽々しく「夢ってかなうよ」とは言えないです。でも、夢がかなうまでやり続けるという覚悟がある人が夢をかなえることができると思うのかなと思います。「夢は覚悟」みたいな(笑)。

かなで 私は、やりたいことがあるなら、それをやってほしいと思います。人生、一度きりなので。

−お二人が、夢に向けて覚悟を決めた瞬間は?

かなで やっぱり、芸人になろうと思ったときは、覚悟を決めました。子どもの頃から、自分でやりたいと思ってやるよりも、親や周りの人からいわれてやることの方が多かったから、養成所に入ったのは、すごく大きな覚悟でした。

福田 私は、上京してすぐに父が亡くなってしまって、お金もなく、大阪にいるお母さんに寂しい思いをさせて、貧乏をさせて、何をやっているんだろうと思ったときですね。絶対にお母さんを幸せにしたいと思って、売れなくて、つらい時期に覚悟が決まっていったんだと思います。原動力はお母さんの存在でした。それから、あとはプライド。芸人になると一回、決めたんだから、やり切るまでは終わられへんという気持ちになってたんです。

−そうしたつらい時期もありながら、結成から5年がたちました。改めて振り返ってみていかがですか。

福田 「女芸人No.1決定戦 The W」で優勝するまでの3年ぐらいは、めちゃくちゃ大変でした。私が2人を引っ張っていかないといけない立場でしたが、バラバラの3人をどうまとめればいいのかって。とにかく、若い2人を本気にさせるのが難しかったです。

かなで 私は、5年たっても変わってないなという感じです。だから、もう5年もたったんだって。変わらな過ぎて不安になりますね。

福田 ほんまに変わらないもんね(笑)。

−今、充実感を感じるのはどんなときですか。

福田 お笑いの仕事をしているときですね。ウケたり、スベったり。

−スベっても?

福田 スベるのは全然よくないんですけど(笑)。でも「これはあかんかったな」というのも含めて、やりがいは感じます。それから、東京に出てきて、別の相方とコンビ組んでいた頃は、バイトかネタ合わせのどっちかしかしていないという日々でしたが、それもそれで青春だったなと、今思うと感じます。

かなで 私はやっぱり笑ってもらったときですね。最近はスベってばかりですが、笑ってもらったときはやっぱりやっていてよかったと思います。

−では、改めて今回の公演の見どころを。

福田 『ラ・ラ・ランド』といったら、やっぱりダンスです。今回は、生でダンスも見られるので、従来のフィルムコンサートよりも華やかなステージになると思います。上質な音楽を体で浴びて、ダンスを見て、心が動かないわけはないと思うので、映画を見た人はもちろん、見ていない人も絶対に楽しめます。全人類に見てもらいたい、お薦めしたい公演になっていますので、ぜひご覧ください。

かなで ダンスもあり、生の演奏もあって、映画の世界観に入り込める公演になると思います。こんなにすてきなステージを見られるのは今しかないと思うので、私もすごくお薦めです!

(取材・文・写真/嶋田真己)


「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ランド ザ・ステージ初来日公演」に出演するジャスティン・ハーウィッツ (C)Ugo Berardi


 「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ランド ザ・ステージ初来日公演」は、8月18日〜21日に、都内・国際フォーラム ホールAで上演。
公式サイト https://stage.parco.jp/web/play/lalaland2022/

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定