カブス・鈴木誠也が夢の一戦で決勝打!“トウモロコシ畑”のなか勝利に貢献

14

2022年08月12日 11:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真カブスナインに祝福される鈴木誠也
カブスナインに祝福される鈴木誠也
● レッズ 2 − 4 カブス ○
<現地8月11日・ダイアーズビル>

 カブスの鈴木誠也選手(27)が現地時間11日(日本時間12日)、『フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム』として開催されたレッズ戦に「4番・右翼」で先発出場。3打数1安打2四球1打点の成績で、初回に放った先制適時打が決勝打となった。

 1989年に公開された映画『フィールド・オブ・ドリームス』にちなんで、2年連続2度目の開催となった特別な一戦。ロケ地に隣接している球場は、映画さながら“トウモロコシ畑”に囲まれる形で作られており、試合前には両チームの選手がトウモロコシをかきわけて入場する演出も行われた。

 日本人選手として初出場した鈴木は、初回二死一塁で打席に入ると、相手左腕のニコラス・ロドロが投じた2球目のストレートを左中間へ弾き返し、一塁走者が長駆先制のホームイン。適時二塁打で塁上に残った鈴木は、次打者の適時打で一気に2点目のホームに滑り込んだ。

 カブスは鈴木の一打で勢いづき初回に3点を先制し、4回にはニック・マドリガルの適時打で追加点。投げては先発のドルー・スマイリーが5回無失点と粘投をみせ、6回以降は3投手による継投で4点リードを守り抜いた。

 鈴木は第1打席の適時打後、第2打席以降はロドロの前に2打席連続四球。7回の第4打席は右腕のジョエル・クーネルの前に遊ゴロ、9回二死一・二塁のチャンスで迎えた第5打席はハンター・ストリックランドに空振り三振に打ち取られた。

 安打は第1打席の1本だけだったが、結果的にこの一打がカブスを勝利に導く決勝打に。自身2試合ぶりの安打で、今季の打率を「.250」にアップさせた。


【動画】鈴木誠也が魅せた!フィールド・オブ・ドリームス・ゲームで先制決勝打
The @Cubs strike first in the Field of Dreams Game thanks to an RBI double from Seiya Suzuki! pic.twitter.com/jqRFFF6Ove— FOX Sports: MLB (@MLBONFOX) August 11, 2022

このニュースに関するつぶやき

  • 持ってるね���鈴木さん���åɡʾ������
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定