関西 台風8号の影響は短時間強雨と、うだるような暑さ うねりにも注意

1

2022年08月12日 12:52  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

関西 台風8号の影響は短時間強雨と、うだるような暑さ うねりにも注意

台風8号は日本の南の海上を北上し、関西には13日(土)未明から明け方に最も接近する見込みです。太平洋側では、すでに台風からのうねりが届いています。台風周辺の非常に暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、14日(日)にかけて、急な強い雨に注意が必要です。また、うだるような暑さも続く見込みです。



●台風8号本体の雨雲がかからなくても、関西は短時間強雨


台風周辺の非常に湿った空気が流れ込むため、関西では14日(日)にかけて、大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。台風本体の雨雲が関西にかかる可能性は低いですが、湿った空気の影響によって雨雲が急発達するため、13日(土)午前にかけて、あちらこちらで急な雨や雷雨がある見込みです。短時間に強く降る恐れがあるため、雨の降り方に注意が必要です。13日(土)午後は、台風が東へ遠ざかるものの西寄りの湿った風に変わり、紀伊山地の南西斜面で強雨の恐れがあります。関西から台風が遠ざかっても、湿った空気の影響が残るため、雨の降りやすい状況が続く見込みです。


●台風8号からのうねり


関西の太平洋側では、すでに台風8号からのうねりが到達しています。現在、大潮の時期で普段より潮位が高くなっています。海岸付近には近づかないようにするとともに、海のレジャーは控えるようにしましょう。満潮時刻には沿岸道路が冠水するなどの恐れがあるため、通行の際は安全を確認するようにしてください。


●関西 うだるような暑さ続く


きょう12日(金)は朝からすでに気温が30℃を超え、湿度も高く、非常に蒸し暑くなっています。この先も湿った空気の影響で、うだるような暑さが続く見込みです。汗をかいても蒸発しにくく、熱中症の危険が高くなっています。体調管理にも十分に注意をしてください。


    ニュース設定