Intelが合計27件のセキュリティアドバイザリーを公開 深刻な脆弱性も

0

2022年08月12日 15:32  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Intelが8月のセキュリティアドバイザリーを公開した
Intelが8月のセキュリティアドバイザリーを公開した

 Intelは8月9日(現地時間)、月例のセキュリティアドバイザリーを公開した。8月は合計27件のアドバイザリーが発表されており、うち2件の深刻度が「緊急(CRITICAL)」となっている。



【その他の画像】



 深刻度が「緊急(CRITICAL)」となっているのは、「Open AMT Cloud Toolkitソフトウェアの認証バイパスにより、認証されていないユーザーがネットワークアクセスを介して特権昇格を可能にする可能性がある脆弱(ぜいじゃく)性(INTEL-SA-00694、CVE-2022-25899)」と、「Intel Data Center Manager(Intel DCM)ソフトウェアの不適切なアクセス制御により、特権昇格を可能にする可能性がある脆弱性(INTEL-SA-00662、CVE-2022-21225)」の2件。



 なお、この2件については、Open AMT Cloud Toolkitソフトウェアを2.0.2および2.2.2以降、Intel DCMをバージョン 4.1 以降にアップデートすることでそれぞれ対応できるとしている。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定