芸能プロダクション新人採用担当者の心の中をチェック 【3】「自己PR」「志望動機」で重視するポイント

0

2022年08月12日 17:01  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真夏の特別オーディション2022合格対策 プロダクション新人採用担当者に聞いた 選考ポイント&アドバイス
夏の特別オーディション2022合格対策 プロダクション新人採用担当者に聞いた 選考ポイント&アドバイス
 オーディションメディア39年の『デビュー/Deview』が、芸能プロダクション137社が参加する新人情報特集『夏の特別オーディション2022』を開催中(8月15日締め切り)。このオーディションの審査突破対策として、2022年1月に開催された『冬の特別オーディション』にも参加した芸能プロダクション各社にアンケート。新人採用担当者が履歴書のどこを重視しているのか? 書類・面接審査で注目する点は? オーディションの際に気をつけるべきこと、オーディションに挑戦する際にアドバイスについて取材。デビューのマスコットガール「デビューちゃん」とデビュー編集の「ミズノさん」がその回答を読み解いた。

【写真】永野芽郁所属・スターダストプロモーションが新人を募集中。

★デビューちゃん
デビューのマスコットガールを務める高校1年生。自分でプロダクションの特別オーディションに応募して所属。現在はティーン誌のモデルとして活動するほか、様々なオーディションにも挑戦。活動の幅を広めていくためにみんなと同じく「オーディション突破のコツ」を勉強中!

★ミズノさん
オーディション業界歴30年。オーディションを見極め紹介するほか、時にオーディションを企画し、審査員を務め、数多くのスターの誕生を見守ってきた!どんなに細かなことでも、気になることや分らないことはミズノさんに聞けば解決!

芸能プロダクション新人採用担当者の心の中をチェック 【3】「自己PR」「志望動機」で重視するポイント

■「自己PR」「志望動機」で重視するポイント■

●「自己PRや志望動機ではアピールポイントに付随する具体的なエピソードがあるかどうか」(エヴァーグリーン・エンタテイメント)

●「この仕事に対する、やる気、熱意」(ホリ・エージェンシー)

●「どれだけ作品を見ているのかなど芝居に対する意気込みや役者としての覚悟。さらに志望動機では何故この事務所を選んだか等の業界研究をしているか」(アニモプロデュース)

●「志望動機に対して、有言実行ができているか」(エイジアプロモーション)

●「自己PR:表に出ていく形が多種多様な中で、どのような理由で芸能活動に取組んでいくのか。志望動機:弊社とご一緒して、どのように取り組んでいきたいのか」(ジェイロック)

●「具体的な努力をしていること、事務所の傾向をきちんと把握していること」(アセティア)

●「ありきたりの言葉を並べるより、言葉のチョイスやセンスで、その方の個性を見ています」(ジーアールプロモーション)

●「本当にやりたいものが何なのか明確に意志表示されていること。そのためにどんな努力をして来たのかは本気度を計るために注目している」(フロス)

●「自己PRや志望動機は、長々書くのではなく、要点を簡潔にまとめると良い」(ジャパン・ミュージックエンターテインメントグループ)

●「ご自身の「ここに至るまでの半生」が見えるような内容か否か」(GMBプロダクション)

●「自分の言葉で表現できているかどうか」(エフ・エム・ジー)

●「芸歴や特技、熱量」(ウェーブマスター)

●「内容も大事ですが、定型文でコピペなのか、その事務所に向けてのものなのかは、印象に違いをもたらしていると思います」(ハイイロ)

【デビューちゃん】「定型文じゃなくて、自分の言葉で書くのってすごく難しいなって思います」

【ミズノさん】「『アピールポイントに付随する具体的なエピソード』『どんな努力をしてきたか』がヒントになるかもね。つまり自分が経験して来たことをベースに書くと、自分の言葉になると思うよ。あと『何故その事務所を選んだか』を考えることは、「将来自分がどんな活動をしたいか」にも繋がって来ると思う」

【デビューちゃん】「これをきっかけに、自分のこれまでについてじっくり振り返ってみたいと思います!!」

■応募の際に履歴書作成について心掛けたほうが良いこと■

●読み手が『会ってみたい』『話してみたい』と思うよう、客観的に自分を分析すると伝え方に変化があるかもしれません」(エヴァーグリーン・エンタテイメント)

●「自分が何を目指しているかなどは明確に具体的に書く。そしてその目指している方向と業界研究をし応募していたところと一致しているのか」(アニモプロデュース)

●「趣味や特技は、ただ羅列するのではなく、どれくらい出来るのか、何年やってるのかやそれにまつわるエピソードなどもあると良い」(ジャパン・ミュージックエンターテインメントグループ)

●「写真が9割だと思っているので、応募前にたくさん方に見てもらい意見してもらってください」(テンカラット)

●「写真は自撮りなどではなく、他人に撮ってもらった写真で、よりナチュラルなものが好ましい。作品撮りなどのクオリティも重視している」(トラスター

●「現時点の取り組んでいる事や、学んでいる事など記載があると良い」(SUI)

●「写真の加工は、実際会った時にマイナスにしかならないです」(イマージュエンターテインメント」

●「丁寧な文字で空欄は全て埋めて欲しい」(オフィスポケット)

●「趣味・特技は年数とどれくらいの実力があるかどうかを書いていただけると分かりやすい」(アービング)

●【デビューちゃん】「趣味・特技を「何年やってきたか」というのも具体的なアピールになるんですね」

●【ミズノさん】「数字を使うのも具体的でいいし、知人からの評価も客観的な事実として説得力が出るよ。写真も自撮りじゃなくて知り合いに撮ってもらったり、選んでもらったりすることで自分では気付かない魅力が見つかることもあるよ」
    ニュース設定