店の入り口かと思いきや...「無」を守る「純粋シャッター」発見される 何のために存在?歴史を辿る

101

2022年08月12日 17:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真店の入り口かと思いきや...「無」を守る「純粋シャッター」発見される 何のために存在?歴史を辿る
店の入り口かと思いきや...「無」を守る「純粋シャッター」発見される 何のために存在?歴史を辿る
「なんの店だろーと思ったら純粋シャッターだった」

そんな呟きとともに投稿された写真が、ツイッター上で話題を集めている。

店の入口のように見えるけど...... (画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriさんのツイートより)
店の入口のように見えるけど...... (画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriさんのツイートより)

それが、こちら。ツイッターユーザーの階段巡りツイッター(@kaidanmeguri)さんが、2022年7月10日に投稿した一枚だ。

色のついた丸みのあるひさしと、閉まっているシャッターは、まさに「古風な商店の入り口」といった感じ。

雨が降っていれば、雨宿りついでに中で何か買って......とやりたくなりそうだ。

しかし、裏側を見てみると......。

「ゲームの手抜き背景っぽい」

何もないだと!? (画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriさんのツイートより)
何もないだと!? (画像は階段巡りツイッター@kaidanmeguriさんのツイートより)

店舗どころか、何もない! ただひさしとシャッターがあるだけなのだ。

この不思議な光景はツイッター上で9000件のいいねが集まるほどの注目を浴び、ユーザーからはこんな声があがっている。

「ゲームの手抜き背景っぽい 」
「野生のシャッターかしら?」
「そのシャッターを上げてはいけない。 "向こうの世界"と繋がってしまう」

それにしても、なぜ軒先とシャッターだけが取り残されているのだろうか。

Jタウンネット記者の取材に応じた階段巡りツイッターさんによると、写真を撮影したのは東京・青梅市。記者がGoogleストリートビューで調べたところ、JA西東京 吉野支店の駐車場として使われている場所に当該のシャッターを発見した。

そこで 8月1日、JA西東京 吉野支店の職員に話を聞いたが、シャッターについては「詳しいことはわからない」という。

何か手がかりはないか。記者は再度Googleストリートビューを開き、過去のデータを遡ってみることにした。

ヒントは、すぐに見つかった。 2011年1月に撮影された最も古いデータでは、シャッターが開いていたのだ!

そして屋根の下には5台ほどの自動販売機が並んでいる。14年4月のものは、シャッターは締まっているものの、裏側から自販機が見える。約3年の間に真ん中の1台は別の筐体に変わったようで、色が白から濃い青になっている。

17年5月になると、左右両端のものが消え、自販機は3台に減った。18年10月には3台のうちの真ん中のものがなくなり、21年2月にはついに0台に。

どうやら謎の「純粋シャッター」は自販機コーナーの名残だったようだ。

このニュースに関するつぶやき

  • ちゃんと取材して調べたのは偉い
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(67件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定