国内で伸び悩んでいた「サルサソース」購入率が約2倍になった理由、”肉のサラダ化”で野菜がとれる意識付けに

0

2022年08月12日 17:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真唐揚げにかけられた、サルサソース。ザク切りの野菜が入っていることで、がっつり肉メニューでも野菜をとる意識付けになる
唐揚げにかけられた、サルサソース。ザク切りの野菜が入っていることで、がっつり肉メニューでも野菜をとる意識付けになる
 原材料等の価格高騰で食品を購入する財布の紐も固くなるなかで、カゴメから発売されたサルサソース『カゴメサルサ』の購入が約2倍に伸長(19年比)。「外食時にしか触れられなかったものが、ここ数年で食卓にずいぶん浸透している」と同社の食品企画部・西村晋介氏は話す。

【写真】ザク切り野菜のサルサソース

 サルサはトルティーヤやナチョスなどメキシコ料理に使われる定番ソースで、野菜や調味料によって食感や辛さの度合いが異なる。トマトサルサをはじめ国内外のメーカーから種類豊富に発売されているが、同社のサルサの特徴は「ザク切りの野菜が食感の主体になっていること」だという。

「1999年からのロングセラー商品ですが、これまで国内ではあまり伸びていませんでした。しかしこの2年で外食時しか触れられなかったものが、かなり家庭に入ってくるようになりました。まだパイは小さいですが、購入率は2年前の2倍にまで伸びています。家にサルサがあることで、使い方も多様化しています。当社のサルサはザク切り野菜を持ち味にしているので、唐揚げにかけたり、チップスに添えたり、お肉やお菓子を”サラダ化”できる。野菜をしっかりとれることが拡大のポイントになっている」(同社食品企画部・西村晋介氏)

 マイルドな辛さのサルサソース『カゴメサルサ』に加え、7月より赤唐辛子によりしっかりとした辛さを感じられる『サルサホット』が新発売している。にんにくの旨味も加わり、肉や揚げ物にマッチする味わいに。肉メニューをさらにおいしく楽しみたい人、辛いもの好きの人に向けて、満足度をアップさせる新提案となるのではないか。
    ニュース設定