台風8号 速度を上げながら本州へ 13日東海・関東甲信を直撃 特徴や警戒ポイント

12

2022年08月12日 20:44  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真台風8号 速度を上げながら本州へ 13日東海・関東甲信を直撃 特徴や警戒ポイント
台風8号 速度を上げながら本州へ 13日東海・関東甲信を直撃 特徴や警戒ポイント

台風8号(メアリー)は、速度を上げながら本州へ向かっています。13日土曜には、東海・関東甲信に上陸・直撃するおそれがあります。今回の台風について、特徴や警戒ポイントをまとめました。



●台風8号 最新情報


台風8号は、12日金曜18時現在、潮岬の南約280キロを、1時間に15キロの速さで、北北東へ進んでいます。中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側330キロ以内と北西側165キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いています。この中で、注目すべき点は「速度」です。12日金曜3時〜15時は、台風の速度が「ゆっくり」でしたが、18時は1時間に15キロと、少しずつ速度が速まってきました。この後、台風は、次第に速度を上げながら、北上し、13日日中には東日本太平洋側にかなり接近し、上陸する見込みです。なお、今年7月5日には、長崎県佐世保市付近に台風4号が上陸していますので、今回、台風8号が上陸すれば、今年2個めの「上陸台風」ということになります。


●特徴や警戒ポイント 


今回の台風8号、特徴は、大きく2つあります。1つめは「大雨をもたらす可能性が、かなり高いこと」です。台風は、もともと熱帯育ちで、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」をたっぷりと運んできますが、今回は、一段と高レベルの「暖かく湿った空気」を、本州付近へダイレクトに大量に運んでくるでしょう。そのため、東海や関東甲信では、13日土曜は、滝のような「非常に激しい雨」の降る所がありそうです。これは、傘が全く役にたたず、車の運転は危険なほどです。夜になると、東京都心でも「激しい雨」の降る可能性があります。また、台風の北上に伴って、雨雲は北へ進むので、東北太平洋側南部でも、雷を伴って「激しい雨」が降り、大雨となる所があるでしょう。そこで、警戒ポイントは「大雨による災害」です。特に、関東甲信や東北では、雨が強まる時間帯が13日土曜の夜という所もあるでしょう。東海・関東甲信・東北の大雨は、14日日曜にかけて続きそうです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、警戒してください。


●特徴や警戒ポイント 


今回の台風8号、もう1つの特徴は、「速度を上げて、本州に近づくこと」です。台風8号は、比較的コンパクトですが、速度を上げて本州に近づくため、13日土曜は、急に雨や風が強まり、波が高くなるでしょう。13日土曜6時には、御前崎の南西約140キロへ進む予想で、この頃には、本州の広い範囲が、台風の強風域に入るおそれがあります。東海や関東を中心に、12日金曜夜から13日土曜にかけて、次第に風が強まり、非常に強い風が吹いて、うねりを伴いしけるでしょう。そこで警戒ポイントは「急に大荒れの天気になること」です。東海や関東を中心に、あっという間に、雨や風が強まり、大荒れの天気になるおそれがあります。大雨による災害だけでなく、暴風や高波にも警戒してください。


●災害を前に 今 何をすべきか


台風の接近を前に、いざという時のために、自分でできる備えがあります。ライフラインが断絶した場合に耐えられるよう、以下の3つのことを、事前に確認しておいたり、備えておいたりしてください。)宿で電柱が倒れたり、電線が切れて夜間に停電になったりすることがあります。懐中電灯を準備し、点灯するか確認しておきましょう。断水になった場合に備えて、飲料水を確保するのはもちろん、浴槽に水を張るなど生活用水も確保しておきましょう。H鯑饐貊蠅如⊃日間、過ごすことを想定し、非常用持ち出し品の準備や、食料の確保をしておきましょう。また、普段から、避難場所や避難経路を確認しておくのはもちろん、家族で、緊急の場合の連絡手段と、その方法を話し合い、落ち合う場所などを決めておくのも大切です。避難にむけては、雨雲レーダーをチェックするなど、最新の気象情報を確認してください。


このニュースに関するつぶやき

  • 午前中に健康診断あるから終わったら急いで帰宅しよう、電車に乗るから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定