【巨人】佐々木氏、8回の広島・西川への配球に疑問「スプリットだったらわかるんですけど…」

5

2022年08月12日 21:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・平内龍太 (C) Kyodo news
巨人・平内龍太 (C) Kyodo news
● 巨人 5 − 6 広島 ○
<19回戦・東京ドーム>

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、8回の広島・西川龍馬への配球について言及した。

 5−4の8回に登板した平内龍太は先頭のマクブルームにライト前に運ばれる。続く西川龍馬に対しストレートで簡単に2球で追い込む。佐々木氏は「ここまでは完璧ですね。いいコントロールをしていますね」と絶賛。しかし、3球目の外角ストレートが外れ1ボール2ストライクとなると、佐々木氏は「今の1球外していますよね。これ1球外して次、どのボールでいくのかな。勝負球はスプリットになるんでしょうけどね。西川はストレートが強いですからね」とチクリ。

 平内、大城卓三のバッテリーは、続く4球目の外角ストレートをレフトライン際に同点の適時二塁打を浴びた。佐々木氏は「このバッテリーがその前に外に外しましたよね。外まっすぐですよね、中に入ってくるボールなんですよ。その1球が何かというのはそういうところ。今の1球外したの。スプリットだったらわかるんですけど、外まっすぐで前のボール(3球目)よりも中に入っているボールですから甘く見えるんですよ。ちょっと不思議で」と疑問に感じた様子。

 坂倉将吾を内野ゴロに打ち取るも、二塁走者の西川を三塁に進められてしまい小園海斗に初球のストレートをセンターへ犠飛を打たれ逆転を許した。

 佐々木氏は小園への入り球について「スプリットを持っているんだったら、ボール球ですよ。ストライクに入る必要はないんですよ。キャッチャーがインハイ構えていたんでしょうが、ピッチャーにそのコントロールがないということですよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • みんな疑問に思ってる。でもそれが大城。その前に「8回は平内」という原の異常決めつけ。打順を考えても8回は高梨。平内ならキャッチャーも替えておけ!
    • イイネ!0
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定