ウエンツ瑛士、『石子と羽男』第6話の依頼人に 幽霊物件に悩まされる双子の息子の“新米パパ”演じる

0

2022年08月13日 01:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』第6話にゲスト出演するウエンツ瑛士 (C)TBS
金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』第6話にゲスト出演するウエンツ瑛士 (C)TBS
 女優の有村架純と俳優の中村倫也がダブル主演するドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話(8月19日放送)に、ウエンツ瑛士がゲスト出演。「幽霊物件」に悩まされる、双子の息子の“新米パパ”を演じる。

【写真】子役とすっかり仲良くなって笑顔を見せるウエンツ瑛士の撮影オフショット

 本作は、4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石子(有村)と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男(中村)の“石羽コンビ”が、誰にでも起こり得る珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメント。

 第6話でウエンツが演じるのは、1歳半の双子の息子の父親・高梨拓真。引っ越したばかりのマンションが「幽霊物件」だと知らされ、育児ノイローゼ気味だった妻が幻覚や幻聴を訴えるようになってしまう。困り果てた拓真は、不動産会社に引っ越し費用の請求と違約金発生の契約を無効にしてほしいと「潮法律事務所」に相談する。友人たちと会社を立ち上げたばかりの多忙な拓真が、育児や家事に奮闘するという展開。夫として、新米パパとして奮闘する新鮮な役どころだ。

 ウエンツは「拓真は1歳半の子どもがいる役ですが、僕は実際にはいないので子育てをしていない人がしている人とどれだけ同じ目線で見られるか、そこは大事にしたいなと思いました。実際に悩んでる方がたくさんいらっしゃるテーマを扱うという難しさもありますし、ドラマのようには解決しないことってたくさんあると思いますけど、一つの解決策でもあるので、ドラマを見て悩みを持ってる人がいるってことを知ってもらって、少しは楽になってもらえたらと思いました」と語る。

 さらに撮影時のエピソードを、「撮影の日に入り時間より少し早く入って双子ちゃんと遊んでたんですけど、一人の子には本番でギャン泣きされて、もう一人の子には、パパ! って言われてキュンってなりました。結婚が少し早くなったかもしれないです(笑)。パパって言われたいなと思いました(笑)」と明かしている。

 なお、第6話ではウエンツのほか、拓真の妻役で西原亜希、不動産会社の社長役で佐藤仁美がゲスト出演する。

 金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

※ウエンツ瑛士コメント全文は以下の通り

◆ウエンツ瑛士

ドラマのゲスト出演はこれまで数回かしかなかったので、オファーの話をいただいてただただビックリしました。

拓真は1歳半の子どもがいる役ですが、僕は実際にはいないので子育てをしていない人がしている人とどれだけ同じ目線で見られるか、そこは大事にしたいなと思いました。実際に悩んでる方がたくさんいらっしゃるテーマを扱うという難しさもありますし、ドラマのようには解決しないことってたくさんあると思いますけど、一つの解決策でもあるので、ドラマを見て悩みを持ってる人がいるってことを知ってもらって、少しは楽になってもらえたらと思いました。

そして、石子と羽男の2人のコミカルな掛け合いは楽しく見ていただけるんじゃないかなと!

撮影の日に入り時間より少し早く入って双子ちゃんと遊んでたんですけど、一人の子には本番でギャン泣きされて、もう一人の子には、パパ! って言われてキュンってなりました。結婚が少し早くなったかもしれないです(笑)。パパって言われたいなと思いました(笑)。
    ニュース設定