「最果てから、徒歩5分」岡田結実主演でドラマ化、レストラン舞台に悲劇と喜劇描く

0

2022年08月13日 06:03  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真上段は幸田すもも役の岡田結実。下段左から是枝息吹役の柳俊太郎、大森膳役の竹財輝之助、白石夕雨子役の内山理名。 (c)糸井のぞ/新潮社・「最果てから、徒歩5分」製作委員会2022
上段は幸田すもも役の岡田結実。下段左から是枝息吹役の柳俊太郎、大森膳役の竹財輝之助、白石夕雨子役の内山理名。 (c)糸井のぞ/新潮社・「最果てから、徒歩5分」製作委員会2022
糸井のぞ「最果てから、徒歩5分」がドラマ化。岡田結実主演にて、10月1日21時よりBSテレ東およびBSテレ東4Kで放送される。

【大きな画像をもっと見る】

「最果てから、徒歩5分」は自殺の名所・志手の岬から徒歩5分の場所にあるレストラン、オーベルジュ・ギルダを舞台とした物語。レストランを訪れた主人公・幸田すももは、店主である夕雨子の言葉を受け、店員の息吹やシェフの膳とともに住み込みで働くことになる。最果ての地にあるだけに、店を訪れる客はさまざまな事情を抱えていて……。崖っぷちのレストランで紡がれる悲劇と喜劇のヒューマンドラマだ。マンガは月刊コミックバンチ(新潮社)で発表され、単行本は全2巻が刊行されている。ドラマ化にあたり、糸井は「映像として漫画とは違った形で彼らがどんな物語を作っていくのか、ドラマ好きとしても今からとても楽しみです」と語った。

岡田は主人公の幸田すもも役を担当。「私自身、最近、ニュースや出来事で生と死を考えることが多く、自分が生きたいとか死にたいとかそういう訳ではないのですが、日常で考える中で、生きろ生きろ、と言われれば言われるほど生きづらいなと思うようになってきていて、そう考えてるときにこの作品に出会い、そっと自分の背中に手を置いて、生きることも死ぬことも委ねてくれる、こんなに心地いい作品があるのかと思うと胸が温かくなりました」とコメントを寄せている。

またオーベルジュ・ギルダの従業員・是枝息吹役は柳俊太郎、シェフの大森膳役は竹財輝之助、店主の白石夕雨子役は内山理名が務める。3人からも出演にあたりコメントが到着した。なお動画配信サービスのひかりTVでは毎話放送直後より本編を配信。TVer、GYAO!、ネットもテレ東でも見逃し配信が行われる。

■ 糸井のぞコメント
この作品は私にとって初めて1話完結型で描いたお話で、そういったドラマを意識して描いていましたし、連載当時は担当編集さんとドラマ化したらいいねーと話していたんですが、まさか本当に実現するとは思ってもみませんでした。
映像として漫画とは違った形で彼らがどんな物語を作っていくのか、ドラマ好きとしても今からとても楽しみです。

■ 岡田結実(幸田すもも役)コメント
□ オファーを受けた際の気持ち
まずはじめに、「最果てから、徒歩5分」という作品に携われることが純粋にとても嬉しいです。

□ 台本を読んだ感想、役を演じるにあたっての意気込み
原作と台本を拝読させて頂き、改めて、この作品に携わることが出来るんだ、という喜びが深まりました。
私自身、最近、ニュースや出来事で生と死を考えることが多く、自分が生きたいとか死にたいとかそういう訳ではないのですが、日常で考える中で、生きろ生きろ、と言われれば言われるほど生きづらいなと思うようになってきていて、そう考えてるときにこの作品に出会い、そっと自分の背中に手を置いて、生きることも死ぬことも委ねてくれる、こんなに心地いい作品があるのかと思うと胸が温かくなりました。
私が演じさせて頂くすももちゃんは、まだまだ青い部分もあって、だからこそ人のために動くことが出来るとても素直で正直な女の子だなと思いました。
演じる前から、すももちゃんを救って救われる未来が見えていてとても楽しみです。

□ 視聴者へメッセージ
皆様の未来にそっと手を置いて、明日だけでも生きてみたいな、と思えるよう努めます!

■ 柳俊太郎(是枝息吹役)コメント
□ オファーを受けた際の気持ち
このお話を頂いた時、この作品は生きる事と死ぬ事、そして人との出逢いにフォーカスをあてた作品でありながら、わりと軽快なリズムの会話だったり個性的なキャラクター達が登場したり、登場人物それぞれの人生がある一つのオーベルジュでの出逢いによって色々な形に変わっていく様がとても不思議な世界観で描かれている面白い作品だなと感じました。

□ 台本を読んだ感想、役を演じるにあたっての意気込み
自分が演じる息吹はそのオーベルジュ・ギルダで働く従業員で、元ホストという過去を持つ人物です。
後々明かされてはいきますが彼にも色々な過去があり、ただそれをあまり感じさせない軽いノリの人物です。
自分がこの息吹という人物を過去も考えて演じたらどういうキャラクターになるのか、とても楽しみにしています。

□ 視聴者へメッセージ
このドラマを見ている視聴者の皆様はそれぞれの見方や感じ方をすると思います。
皆様それぞれ色々な過去を抱えて生きてきて、またこれからの人生を考えていく。
その中でこのドラマが皆様にどう伝わってどう活きてくるのか。僕自身とても興味があります。
まだ撮影はこれからですが、息吹という人物を自分が演じた時にどういう姿となり、皆様にどう映るのか、楽しみにして頂ければと思います。

■ 竹財輝之助(大森膳役)コメント
□ オファーを受けた際の気持ち
お話を頂いてすぐ原作も読ませて頂きましたが、全体的に温かい作品だなぁと思ったのと同時に、ヒヤッとする、それこそ崖の縁に立たされているような感覚もあって、素晴らしい本だなぁと。
余計にプレッシャーを感じています。

□ 台本を読んだ感想、役を演じるにあたっての意気込み
フレンチを主体としているだろうシェフの役なので、フレンチを勉強中です。
登場人物全てが何か重たいものを抱えて生きていると感じたので、そこを意識しつつ飄々とした人物を生きられればと思っております。何よりもオーベルジュの心地よい空気感が大事だと思っているので、皆さんと一緒に楽しく作り上げたいなと思っています。

□ 視聴者へメッセージ
この作品をどう受け取るかは観てくださる皆さん次第ですが、少なくとも温かいものをお届けしたいと思っています。皆様にとって温かいひと時となるよう、オーベルジュ・ギルダ一同、皆様のご来店をお待ち申し上げております!

■ 内山理名(白石夕雨子役)コメント
□ オファーを受けた際の気持ち
このドラマのお話を頂いてから、まず原作である漫画を読ませて頂きました。人間の中にある様々な人生の荒波などが描かれており、とても引き込まれるストーリーです。
その中で出会った「白石夕雨子」の完璧に見える人間の不完全な姿が、心の中の深い部分に刺さりました。夕雨子を演じることで、自身を大切にすることや赦(ゆる)す心など、何か役に立てるメッセージを送ることが出来たらいいですね。

□ 台本を読んだ感想、役を演じるにあたっての意気込み
「死」に一番近い場所で「生きる」ことを考えるという今回のドラマ。舞台となるオーベルジュは、美味しい食事と私も大好きなコーヒーに素敵なお花にも囲まれるという想像しただけでも素敵なところ。画面から香りがしてくるような、こんなオーベルジュへ行ってみたいなぁと思うような空間を作っていきたいです。

□ 視聴者へメッセージ
私自身久しぶりの連続ドラマ撮影にもなりますので、今から少し緊張もしつつ体力をつけています。最後までキャスト・スタッフの皆様と一丸となって撮影に臨みたいと思います。

■ 祖山聡(PROTX)プロデューサーコメント
登場人物は全員ワケあり。
生きること、迷うこと、選ぶこと、進むこと、、、崖っぷちのオーベルジュの住人たちが、切ない人間ドラマを生み出します。
「最果てから、徒歩5分」、書店でこの作品に出会って以来、映像化することを切望しておりました。
素敵な物語を、多くの方にご覧頂ければ嬉しいです。

■ 土曜ドラマ9「最果てから、徒歩5分」
□ 放送情報
放送局:BSテレ東(BS 7ch) / BSテレ東4K(4K 7ch)
日時:2022年10月1日(土)より毎週土曜日21:00〜21:54

□ 配信情報
ひかりTV独占配信(TVer、GYAO!、ネットもテレ東にて見逃し配信あり)

□ スタッフ
原作:糸井のぞ「最果てから、徒歩5分」(新潮社バンチコミックス刊)
監督:大内隆弘、小路紘史、祖山聡
脚本:川崎いづみ
プロデューサー:岡部紳二、祖山聡、難波裕介
制作:BSテレ東 / PROTX
製作著作:「最果てから、徒歩5分」製作委員会2022

□ キャスト
幸田すもも:岡田結実
是枝息吹:柳俊太郎
大森膳:竹財輝之助
白石夕雨子:内山理名
ほか

※ 柳俊太郎の柳は木へんに夘、川崎いづみの崎はたつさきが正式表記。

    オススメゲーム

    ニュース設定