佐々木氏、巨人・岡本は「いいときのことを思い出したほうがいい」

3

2022年08月13日 08:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
● 巨人 5 − 6 広島 ○
<19回戦・東京ドーム>

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、巨人の岡本和真について言及した。

 4番で出場を続けてきた岡本だが、11日の中日戦で6番に座り、同日の広島戦でも6番でスタメン出場した。岡本は2−2の2回無死走者なしの第1打席、広島先発・大瀬良大地の低めのカットボールに空振り三振に倒れる。

 この三振に佐々木氏は「初球もインコースのスライダーが甘かった。今年見ていると追い込まれてから、ボール球をよく振りますよね。これを見極めるようにならないと調子は上がってこないかなという感じがしますね」と指摘。

 続く5−2の3回二死走者なしの第2打席、大瀬良が投じた初球のスライダーを見逃すと、佐々木氏は「インコースの甘く入ってきているのも簡単に見逃すんですよね」とチクリ。2球目のストレートをファウルにすると、「外の甘いボールですよね、今のも少し差し込まれて遅れていますね」とコメント。結局、この打席は空振り三振に倒れた。

 岡本は5回の第3打席が左飛、8回の第4打席が捕邪飛で4打数0安打だった。佐々木氏は「内容が悪いですよね。いいときのことを思い出したほうがいい」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 中島がサード守れたら��������
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定