中学校の「理科室」から身元不明の人骨「推定年齢10~20代の女性」 鹿児島であいつぐ謎を追う

11

2022年08月13日 09:11  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

鹿児島市の中学校で10〜20代とみられる若い女性の頭蓋骨が、昨夏に発見されていたことがわかった。今年7月に入って、その情報が公開された。


【関連記事:私の婚約者を奪った「妹」が妊娠、結婚式の招待が来た・・・妹と「絶縁」できる?】



2016年にも県立高校で人骨が見つかり、全国に驚きが広がった鹿児島で、なぜまた新たに骨が見つかるのか。



その謎を解明すべく取材をすすめる中で「院内学級のつながり」というキーワードが浮上した。



●2016年以来、5つの中学高校で人の骨が見つかっていた

7月11日に発行された官報の「行旅死亡人」欄では、鹿児島市の市立中学校から、推定年齢10代〜20代前後とみられる女性の頭蓋骨が見つかったとし、事情を知る人がいないか呼びかけている。



官報によると、2021年8月5日、鹿児島市立甲東中学校の1階倉庫で発見された。性別と推定年齢以外、氏名など身元はわからない。すでに頭蓋骨は火葬され、市営墓地に埋葬されているという。



鹿児島随一の繁華街「天文館」からもほど近い、「都会の学校」で人の骨が見つかったことになる。



頭蓋骨といえば、2016年には県立鶴丸高校でも生物室から発見されて、複数のメディアに大きく報じられた。



この「事件」を受けて、各地の教育委員会も「学校の人骨」について調査をすすめ、大阪府などいくつかの学校で、「本物の人間の骨」が複数見つかっている。



鹿児島県教育委員会も、県内の学校で人骨が見つかったケースをピックアップ。鶴丸高校のケース以降、今回の甲東中学校を含めて計4件が示された。



「鶴丸高校の発見以降、教育委員会で学校の骨について調査がおこなわれ、鹿児島県の県立高校で3校ありました」(県教委)



そのうちの1校、甲南高校(2018年6月発見)では、美術室で30〜40歳の女性と推定される頭蓋骨が見つかった(鹿児島市が回答)



また、南九州市の川辺高校(2018年12月)、指宿市の指宿高校(2019年1月)でそれぞれ人骨が発見されたという。



川辺高校では美術室から頭蓋骨が出てきたという。指宿高校では生物室から人骨が出たそうだ。時間が経っているため、当時のことを知っている職員も少なくなったが、各高校が回答してくれた。



いずれも、性別や年代、学校にあった経緯など詳細は不明だった。





県の教育委員会でも、学校から人骨が見つかった背景は「結局のところ、わからなかった」という。



●病院からやってきた?

そんな中、甲東中学校では人骨が学校で見つかった経緯の「ヒント」のようなものがもたらされた。



甲東中の人骨は、官報には「1階倉庫」から見つかったという説明だったが、校長によると、「2階の理科室から出たと聞いています。用途は理科の標本だと思いますが、実際に使っていなかったのではないかと思います」とのこと。



段ボールのような箱の中で、新聞紙にくるまれていたという。



ほかに経緯を示すようなものは出なかったそうだ。ただ、心当たりはあるという。校長は「ここから先は推測になってしまいますが」との前置き付きで話を聞かせてくれた。



●院内学級でうまれた職員同士の交流から骨が流れてきた?

甲東中学校の建物の前には、かつて鹿児島市立病院があったことから、学校に通えない子どものための「院内学級」に教師を派遣していたという。



病院が2015年に別の場所に移転するにあたって、院内学級を担当していた学校職員と病院職員のつながりから、病院から骨がわたったのではないかという情報があるそうだ。





学校で見つかる人骨の扱いについて、文部科学省が法的な考え方を説明する。



もしも学校で人体模型が見つかって、あとで本物の人骨と判明した場合、そのまま保存できるのかというと、法的には可能だという。



死体解剖保存法(19条)にもとづき、遺族の承諾を得たうえで、かつ、都道府県知事や市長などの許可を得た場合であれば、保存できるそうだ。



鹿児島県の学校で見つかった人骨は身元不明のため、「遺族」の承諾は得られない。ただし、そのような場合でも、同法では遺族の所在が不明の場合は承諾を必要としないと定められているため、知事らの許可さえ取り付ければ、そのまま保存できることになる。



(この法律がつくられた1949年より前から保存されている骨に関しては、そのまま保存が可能だ)



ただ…。



「私見ですが、あえて新たに本物の人骨を使う必要性もあまり考えられず、骨が見つかったときにそのまま保存し続ける学校はなかなかないのではないでしょうか」(文科省教育課程課の担当者)



●病院史にも載っていない情報だった

さて、『病院から中学校に頭蓋骨が渡った説』について、鹿児島市立病院に問い合わせると、担当者は「骨を外部に提供するケースはなかなかないんですが…」と言いながらも、後日、編集部に回答を寄せてくれた。





「公文書として信頼性のある『鹿児島市立病院史』を調査いたしましたが、鹿児島市立病院から甲東中学校に骨が渡った事実は確認できませんでした。この件につきまして、何か、進捗がございましたら、改めて、お知らせいたします」



謎が深まる学校の人骨について心当たりがある読者がいたら、ぜひ情報を寄せてほしい。


このニュースに関するつぶやき

  • ファミコンソフトを思い出した。フィクションだと思ってたら実話というか原案有りだったと後から知るのは結構寒くなるが…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

前日のランキングへ

ニュース設定