EXIT兼近「電車の中で女性が倒れた」救助の体験談語る

1

2022年08月13日 09:15  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(31歳)が、8月11日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。目の前で人が倒れたとき、「叫ぶことしかできなかった」と、自身の体験を語った。

その他の大きな画像はこちら



番組はこの日、「もし突然目の前で人が倒れたら?」をテーマに、怪我人や急病人の発生時にその場に居合わせた人、通称“バイスタンダー”の行動の重要性を特集。

救助が必要なときに、どのように対応するか? と問われたEXIT・りんたろー。は「その瞬間はめちゃくちゃテンパるだろうし、『この方法で救助の仕方が合っていた気がする』程度では行動に移すことができないだろうから、難しい問題だと思った」と率直な意見を語った。

一方で、兼近は「電車の中で、すぐ近くの女性が急に倒れたことがある。意外と周りの乗客がワタワタしていて、僕しか動いている人がいなかった。僕も救助方法がわからないので、とりあえずデカい声を出して『誰か!何かやってください!』と叫び、SOSボタンを押しに行った。叫んで助けを呼ぶことしかできなかった」と体験談を振り返った。

また、その後日談として「DMで『あれは私のお母さんだったんですけど、無事でした』と届いた。ずっと心配で、そのあとどうなったんだろう?と怖かったので、本当に良かった」と打ち明けた。

さらに、実践を交えてAEDの使用方法を学ぶと、りんたろー。は「AEDは音声で使用方法を案内してくれるので、僕でもできる気がする。胸骨圧迫は下の方を押すイメージだったので、間違った記憶が残っていたと感じた。今日学べて良かった」と感想を述べ、兼近は「子ども職業体験所で救命医の仕事を教えていたことがある。自分もよくわかっていないのに、子どもたちにAEDを教える仕事をしていたので、もっと知識をつけてから教えたかった」とコメントした。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220873603.html


このニュースに関するつぶやき

  • 即動ける人なんてそうそういるもんじゃないよね。この人外見の割に中身が芸能界でも数少ない常識人という認識。どうかこれからもそのイメージでいてください。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定