JR西日本、岡山エリアの中古品ネットオークション 注目は重さ約40キロの電照式駅名標

0

2022年08月13日 11:51  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

JR西日本岡山支社は、現在開催中の大型観光キャンペーン「岡山デスティネーションキャンペーン」に合わせ、実際に使用していた駅名標などを取り揃えたネットオークションを開催する。

出品されるのは、岡山駅の縦型駅名標(箱付き未使用品)、妹尾駅で使われていた「ラ・マル・ド・ボア」仕様のゴミ箱、豪渓駅で使われていた建植式駅名標、総社駅で使っていた電照式吊り下げ駅名標、乗務員が実際に使っていた検札鋏など十数点。入札開始価格はそれぞれ異なる。一部の大型商品は指定場所での直接引き渡しとなる。

ウェブ会議システム「Zoom」を使用し、9月10日午後2時から開催する。オークショニア(司会)は、岡山駅長と岡山駅社員が務める。落札できるは1人2商品まで。参加者できるのは抽選で選ばれた50名で、8月26日まで申し込みを受け付けている。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定