宅配ボックスに子どもが閉じ込められる事故に要注意! 今の時期は熱中症の危険も

3

2022年08月13日 15:01  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
洗濯機や車の下など、狭くて危険なところへ子どもが入ってしまう事故の認知度は広まりつつありますが、実は宅配ボックスに閉じ込められる事故も多いのだそう。東京都消費生活行政(@tocho_shouhi)はツイッターにて、子どもの宅配ボックスへの閉じ込め事故についての注意と呼び掛けています。


マンションや、最近では戸建て住宅にも設置されていることが多い宅配ボックス。内側から開く仕様ではないため、子どもがかくれんぼなどで入って閉じ込められてしまう事故が起きています。



実際に東京消防庁管内で発生した事故事例についてご紹介します。


・友人とかくれんぼをしており、友人宅マンションエントランス部分に設置された宅配ボックス内に隠れた。その後、何らかの原因で宅配ボックスの鍵がかかり、出られなくなった。(7歳/男児)



・3歳男児が宅配ボックスから出られなくなった。(3歳/男児)

・子ども4人がマンション玄関付近でかくれんぼをしていて、1階に設置してある宅配ボックスに入りかくれていた。その後、他の子どもが外からダイヤルを動かしたため、鍵がかかり閉じ込められてしまった。(8歳/男児)



・5歳男児が兄と自宅マンション内の宅配ボックスで遊んでおり、扉を閉めた際、自動的にカギが掛かってしまい出られなくなった為、通行人が119番通報した。(5歳/男児)



※東京消防庁発表資料「宅配ボックスに子供が閉じ込められる事故に注意!」より(平成28年7月)


とくに気温が高い今の時期は、熱中症等の重大な事故に発展する可能性も高く、日ごろから子どもへ危険性を伝えておくことが大切です。


【マンション等に設置されている #宅配ボックス への子供の閉じ込め事故に注意!】特に気温が上昇する夏には、#熱中症 等の重大事故に発展することが考えられます。 日頃から子供に事故の危険性を教えるとともに、宅配ボックスで遊ばないよう注意しておきましょう。https://t.co/kLCZzTi85u pic.twitter.com/6DiyniAHyk— 東京都消費生活行政 (@tocho_shouhi) July 26, 2022(MN ワーク&ライフ編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 宅配ボックスはおもちゃでは無い。 親が危険を教えるべき。 7歳って小学生だよねえ?? いかに親が危険を子供に教えて無いかだよね? 学校では無くこれは親の責任。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定