小日向結衣 グラビア本格復帰、“甘S”メイドがえっちすぎ「目覚めちゃったかも」

0

2022年08月13日 17:50  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

癒し系の優しい雰囲気と、押しに弱そうな小動物系の見た目に、B82-W58-H84という均整の取れたもちもちボディで人気を博す小日向結衣





最近はグラビアとしては目立っった活動はなく、DJとしてクラブを周ってプレイしたり、下北沢のバーのキャストとして人気で、SNSでもしばしば投稿されていたが、この程あのもち肌ボディを再び!というファンの願いが通じ、約2年半ぶりの新作DVD『もっと近くで。』(竹書房)が発売され、久しぶりのリリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


SNSでは「数年ぶりのソフマップさん! 沢山の方に来て頂きたいです〜」と楽しみにしていたが、当日はにわかに発生した台風8号が関東を直撃か?のニュースが流れ、「雨女から台風女になっちゃったな〜! 身の安全第一で無理せずお越しください」と投げ掛けた。囲み取材も強雨の合間に運良く当たり、平常通り行われ、白のレース風のビキニ姿で久々に記者陣の前へ。以前より大人の色気が増し、スタイルも少しむちむちっとして、白肌に映える。バストサイズも大きくなったように思え、柔らかな膨らみと、「よろしくおねがいしまーす♡」という甘い声&はにかむ笑顔とのマリアージュが、小日向グラビア完全復帰を確信した。


今作はホテルに常駐するエステティシャンと言う役どころ。「彼氏を自分の働いているホテルに誘いながらも、お客さんともいちゃいちゃしちゃうという、とんでもない女のコを演じてます」と紹介。「エステティシャンの制服姿で彼氏を待っていると、オープン前なのにお客さんが来ちゃって、断りきれず招き入れるんですが、だんだんノッて来ちゃっていろいろと…」と、まさにとんでもないオンナを演じている。ほかにもさまざまな限界衣装で楽しませてくれているが、小日向が特にお気に入りなのがメイドだそうで、「布面積が全然ないメイドさんなんですが、メイドって“お水こぼしちゃってごめんなさーい”みたいなドジっ子のイメージだあると思うんですが、これは“甘S”で、メイド側が焦らしてくるちょっとS目線なんです。私自身はMっぽいんですが、今回でちょっとSにも目覚めちゃたかも♡」と、いたずらな微笑みをみせた。


さらに恥ずかしかったのがダンスシーンだと言い、「ゴールドのビキニで音楽にノリながら踊るんですが、私踊ったことがないので、おっかなびっくりでやりました」と照れ笑いを浮かべ、「お風呂のシーンで着たレースの変形衣装が、思ったよりスケスケで細くて、私史上最大にみせてます。なにも着てないような感じで良かったです♡」と、Mっぽい発言も。


今作をきっかけにグラビア活動を本格的に復帰させるという小日向。「これからDVDをどんどん出して行きたいですし、雑誌の表紙を目指して頑張っていきたいです」と目を輝かせた。取材時のビキニも「心機一転というか、新たな門出なので、縁起が良さそうな白で、今までのイベントより面積が小さめにして、バージョンアップしてみました」とグラビア復活を宣言し、気合の狼煙を上げた。28歳となり大人の女性として脂が乗り、デビュー時とは違う魅力を放ち始めた、これからの小日向の快進撃に期待したい。

    ニュース設定