「自動式ソープディスペンサー」を約1年間使ってみた! 「Umimile」はデザインも良くて快適!

0

2022年08月13日 19:40  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真Umimile「ソープディスペンサー」
Umimile「ソープディスペンサー」

 飲食店やスーパーのトイレなどで見かける「自動式ソープディスペンサー」(オートソープディスペンサー)。手をかざすとセンサーが反応し、ハンドソープが出てくるという製品です。そのソープディスペンサーを1年ほど前に購入して自宅で使い続けているのですが、なかなか便利です。

【その他の画像】

 使用しているのは「Umimile ソープディスペンサー」。この製品をレビューしていきます。

●「Umimile ソープディスペンサー」とは?

 「Umimile ソープディスペンサー」は、中国のブランド「Umimile(ユミマイル)」の、置き型の自動式ソープディスペンサーです。吐出口に手をかざすとふわふわの泡が出てきます。電池式です。

 吐出量を0.6gと1gの2段階に変更できます。ソープはさまざまなメーカーの泡ソープや液体ソープが使用可能で、食器用洗剤を入れて食器洗いに使うこともできます(※液体タイプは水で2〜8倍に希釈する必要があります)。

 容量は250ml。公式サイトによると、1回の詰め替えで約800回使用でき、次の詰め替えまで最長3カ月はもつそうです。

 作動時にかわいいLEDランプが点滅して、手洗いの目安時間を教えてくれるのも、この製品の大きな特徴です。防水レベルはIPX3。カラーはブルー、ピンク、ホワイトの3色展開です。

●「Umimile ソープディスペンサー」の魅力 使い勝手が良い&デザイン性も◎

 「Umimile ソープディスペンサー」ですが、導入して良かったと思っています。まず、初めて自動式ソープディスペンサーを生活に導入したのですが、「プッシュする」というひと手間がなくなっただけでも、便利になったと感じます。

 特に、料理中など両手が汚れているときに、プッシュせずせっけんで手を洗えるということが、楽で衛生的。また、手洗い時に自動式ソープディスペンサー本体に触らないため、その周辺が水浸しになりにくく、キッチンや洗面台をきれいに使えます。

 「Umimile ソープディスペンサー」は、ソープの残量がぱっと見てすぐに分かることも、うれしいポイントです。使用するソープが限定されていないため、詰め替えソープを近所ですぐ買えるのも便利。デザインが良いためインテリア性も高く、底の幅が8.8cmとスリムでもあります。

 個人的には、管理が面倒だとも感じていません。充電式ではなく電池式で、電池は3個も入るので、電池切れを頻繁に起こすこともありません。また、今のところ不具合や故障も起きていません。

 ネットの口コミを見ると、本製品の魅力として「センサーの反応が良い」「泡が出てくるまでが早い」「プッシュがうまくできない小さな子供でも使える」などの声もありました。

●「Umimile ソープディスペンサー」の気になるところ

 「Umimile ソープディスペンサー」には満足していますが、気になる点を強いて挙げれば、もう少し背を低くできないかというところくらいです(※高さ20.3cm)。

 特にこれといってデメリットを感じることはなく、生活が少し快適になったと思います。「Umimile ソープディスペンサー」は、公式ストアでは3000円程度で購入できます。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定