出世したくないと思う理由ランキング 3位「仕事と給料が釣り合わない」、2位「仕事量が増える」

319

2022年08月13日 21:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真出世したくない理由の1位は男女ともに「責任が増える」でした ※画像はイメージです(metamorworks/stock.adobe.com)
出世したくない理由の1位は男女ともに「責任が増える」でした ※画像はイメージです(metamorworks/stock.adobe.com)

みなさんのなかには「バリバリ働いて昇進したい」と考える人もいれば、「役職に就きたくない」と感じる人もいるのではないでしょうか。そこで、出世したくないと思っている全国の男女500人に出世したくない理由を聞いたところ、男女ともに「責任が増える」が1位だったそうです。

【表】出世したくないと思う理由は?(男女別/調査結果を見る)

株式会社ライズ・スクウェアが2022年6月に「出世したくない理由に関する意識調査」と題して実施した調査で、おもに30代(38.6%)、40代(23.8%)、20代(21.8%)、50代(12.6%)の人が回答しています。

   ◇  ◇

出世したくない女性283人に「出世したくないと思う理由」を聞いたところ、1位は「責任が増える」(145人)でした。次いで、2位「仕事量が増える」(82人)、3位「仕事と給料が釣り合わない」(33人)と続き、「現状に満足している」(8人)など、比較的ポジティブな理由で出世を敬遠している人は少数派でした。上位の結果と具体的な内容は以下の通りです。

【1位:責任が増える】
▽何か問題が起きた時に責任を負わされるから(20代)
▽社内での責任が増えてしまうから(30代)
▽後輩の面倒を見るだけでも大変なのに、役職がつくと責任を負う必要があるから。責任感が強い方なので、重圧に耐えられない(40代)

【2位:仕事量が増える】
▽先輩や上司を見ると、上に上がるほど業務過多。自分の時間をそこまで仕事に使おうとは思えません(20代)
▽管理職になると作業量が多くなる(30代)
▽仕事中心の生活をしたくない。家族との時間を大切にしたいから(40代)

【3位:仕事と給料が釣り合わない】
▽納得できる給料と裁量を与えられるなら出世したいが、「あまり昇給せず、ただやることが増える」といった中途半端な出世が多い(20代)
▽賃金の増加は微々たるものなのに、責任だけ大幅に増えるから(30代)
▽出世のため犠牲にすることが多いのに、見返りが少ないから(50代)

【4位:管理職に向いていない】
▽自分自身が「人の上に立ち、評価する立場」に向いていないと思います(20代)
▽細かいことを気にしたり些細なことで落ち込んだりする性格なので、自分が上の立場に立つのは無理だと感じている(30代)
▽人の上に立つ能力がないから(40代 )

   ◇  ◇

また、出世したくないと思う男性217人に「出世したくないと思う理由」を聞いたところ、1位「責任が増える」(100人)、2位「仕事量が増える」(44人)、3位「仕事と給料が釣り合わない」(40人)と続き、3位までは女性のランキングと同じになりました。上位の結果と具体的な内容は以下の通りです。

【1位:責任が増える】
▽出世すると責任が重くなるので(20代)
▽部下の人生を背負う感じにかなり抵抗があるから(40代)
▽出世すればするほど責任が重くのしかかり、責任の重さに耐えられる自信が全くないからです(50代)

【2位:仕事量が増える】
▽仕事量が増えるから(20代)
▽仕事にかける時間が多くなり、家族との時間が減るから(30代)
▽出世して管理職になると常に忙しくなり、プライベートがなくなってしまう(50代)

【3位:仕事と給料が釣り合わない】
▽出世しても仕事の量が増えるだけで、全然給料に反映されそうにないから(30代)
▽出世をして責任を負わされても、あまり給料が高くならないので(40代)
▽かつて40代で課長になった。いろいろな仕事を任され責任も重くなったが、権限は少ないし給与もそれほどではなかった(50代)

【4位:人間関係が面倒】
▽上司と部下の板挟みになりたくないと思うから(30代)
▽勤務先で「出世が原因で人間関係が悪化するパターン」を何度も見ているので、出世したいと思わなくなりました(40代)
▽人間関係が煩わしい(50代)

   ◇  ◇

最後に、全回答者に「あなたにとって仕事とは」と聞いたところ、ダントツの1位は「お金を稼ぐ手段」(407人)でした。以下、2位「成長・自己実現の場」(35人)、3位「やりがい・喜び」(32人)、4位「社会貢献できるもの」(22人)と続いたそうです。上位の結果と具体的な内容は以下の通りです。

【1位:お金を稼ぐ手段】
▽お金を稼ぐ手段。お金がないと生きていけないから仕方なく働いている(20代女性)
▽お金を得るための手段に過ぎない。やりがいや肩書などは求めていません(40代男性)
▽趣味にかけるお金を稼ぐところです(50代男性)

【2位:成長・自己実現の場】
▽自分の成長を主観的にも客観的にも感じられる良い場所(20代女性)
▽技術や考え方を学ぶ場所。切磋琢磨する場所(30代男性)
▽自分のアイデンティティを示すもの(40代男性)

【3位:やりがい・喜び】
▽自分が楽しくてこそ仕事だと思います。お金より、自分の開発したモノが世の中に出ていくことに喜びを感じます(20代女性)
▽現場で仕事をこなすことが生き甲斐です。好きなことを仕事にしているため、仕事が毎日の楽しみでもあります(40代女性)
▽毎日楽しくできること(60代以上男性)

【4位:社会貢献できるもの】
▽人の役に立つこと(20代男性)
▽商品やサービスでお客様に喜んでいただき、感動を与えること(30代女性)
▽自分の技能を使って社会に貢献すること(40代男性)

   ◇  ◇

調査を行なった同社は「『役職がついてもワークライフバランスをとりながら働いている』『難しくも充実した仕事をしている』など『あんな風に働けたら』と憧れる上司が周りにいれば、『出世するのもいいかも』と思う人が増えるかもしれません」と述べています。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 定年退職してそのまま嘱託で残った時、役職を離れて言われたことだけやるってこんなに楽だったんだと思ったけど、若い時からこんな仕事だけしてて大丈夫?
    • イイネ!30
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(228件)

前日のランキングへ

ニュース設定