永瀬廉“信長”、天下獲り宣言もまたも裏切り者が発覚 『新・信長公記』第4話あらすじ

0

2022年08月14日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『新・信長公記』第4話に出演する(左から)永瀬廉、小澤征悦(C)読売テレビ
『新・信長公記』第4話に出演する(左から)永瀬廉、小澤征悦(C)読売テレビ
 人気グループ・King & Princeの永瀬廉が主演する日本テレビ系連続ドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(毎週日曜 後10:30)14日放送の第4話の見どころと場面写真が公開された。

【写真】濱田岳“黒田官兵衛”の魂胆は…

 同作は、甲斐谷忍氏による漫画『新・信長公記〜ノブナガくんと私〜』(講談社『ヤンマガKC』刊)を実写化。誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結したとんでもない学校を舞台とし、超強烈な個性をもった英雄たちが15歳の高校生となって「学園の天下統一」を目指していく、青春あり、戦ありの学園天下獲りエンターテインメント。

 いよいよ学園天下獲りに参戦した織田信長(永瀬)を中心に、裏切り、奇策、暗躍渦巻く波乱の展開が巻き起こる。徳川家康(小澤征悦)は「誰かを倒す」という旗印を掲げ、事実上の無差別攻撃を始め、特進クラスメンバーは恐怖に陥れられる。さらに、クラスの中に家康派閥に寝返った裏切り者がいる事も明らかになり、ますます混乱に拍車がかかる。

 そんな中、天才軍師・黒田官兵衛(濱田岳)は信長、家康それぞれに裏で接触を図り不穏な動きを見せる。信長に対して「どっちだと思う?俺は仲間か…それとも裏切り者か…」と語る黒田の意図は果たして。一方の信長は「和の心を持って、天下を獲る」と宣言し、とある奇策を打ち出し状況の打開に動き出す。

■第4話あらすじ

「天下を獲る」と旗印に掲げた織田信長。クラスメイトの武将たちがその真意を探る中、武田信玄(満島真之介)は、徳川家康に、信長の掲げた旗印は家康への“宣戦布告”なのではと言い、2人は一触即発の雰囲気だ。

その頃、美術室では、信長がろくろを回してツボを作っていた。「和の心を持って、手を取り合う」という母の言葉をつぶやくが、ツボは崩れてしまう。信長の様子を日下部みやび(山田杏奈)は見つめている。

そんな中、家康が「誰かを倒す」の旗印を提出する。誰を狙うか明かさなければ、いつ狙われるかわからない。戦いに備えにくい家康の戦法に、武将たちがざわつく中、2年の十川八郎が倒された。そして、家康は新たに旗印を提出。内容は同じ「誰かを倒す」で、クラスメイトたちは動揺を隠せない。

トレーニング室では、家康、明智光秀(萩原利久)、“謎の人物”が話していた。家康は、“謎の人物”に「お前の考えた作戦。実に面白いぞ」と話す。さらに「しかし、お前がこちらに付いたとは思わんだろなぁ」と不敵な笑みを浮かべるのだった。
    ニュース設定