『新・信長公記』第4話 織田信長“永瀬廉”が天下統一に動き出す

0

2022年08月14日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』第4話場面写真 (C)読売テレビ
ドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』第4話場面写真 (C)読売テレビ
 King & Princeの永瀬廉が主演を務めるドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第4話が今夜14日に放送される。

【写真】“豊臣秀吉”西畑大吾はクイズで“真田幸村”田野倉雄太と対決!?

 甲斐谷忍の漫画『新・信長公記〜ノブナガくんと私〜』(講談社「ヤンマガKC」)を実写化する本作。誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結したとんでもない学校を舞台に、超強烈な個性をもつ英雄たちが15歳の高校生となって「学園の天下統一」を目指していく、青春あり、戦ありの学園天下獲りエンターテインメント。織田信長役の永瀬のほか、ヒロイン・日下部みやび役に山田杏奈、豊臣秀吉役に西畑大吾(なにわ男子)、徳川家康役に小澤征悦、武田信玄役に満島真之介など、個性豊かなキャストが出演する。

■第4話あらすじ

 織田信長(永瀬)は、「天下を獲る」と旗印に掲げる。クラスメイトの武将たちがその真意を探る中、武田信玄(満島)は徳川家康(小澤)に信長の掲げた旗印は家康への“宣戦布告”なのではと言い、2人は一触即発の雰囲気に。

 その頃、美術室では、信長がろくろを回してツボを作っていた。「和の心を持って、手を取り合う」という母の言葉をつぶやくが、ツボが崩れてしまう信長の様子を日下部みやび(山田)が見つめるのだった。

 そんな中、家康は「誰かを倒す」の旗印を提出する。誰を狙うか明かさなければ、いつ狙われるかわからない…戦いに備えにくい家康の戦法に、武将たちがざわつく中、2年の十川八郎が倒された。

 さらに、家康は新たに旗印を提出。内容は同じ「誰かを倒す」で、クラスメイトたちが動揺を隠せない中、トレーニング室では、家康と明智光秀(萩原利久)、そして“謎の人物”が話していた。家康は、“謎の人物”に「お前の考えた作戦。実に面白いぞ」と話し、さらに「しかし、お前がこちらに付いたとは思わんだろなぁ」と不敵な笑みを浮かべる。

 一方、みやびは「恐怖にまみれた旗印戦を行ってよいのですか?」と別府ノ守与太郎理事長(柄本明)に直談判しに行く。しかし、理事長は「大いに結構。それこそが、まさに戦国」と笑うだけなのだ。

 教室では、今川義元(松大航也)が、やりたい放題の家康に向かって怒りを爆発させていた。竹中重治(暴啾析此砲蓮∈川に落ち着くよう声をかけるが、豊臣秀吉(西畑)も「今川の言うとおり」と騒ぎ始める。クラスメイトたちがもめる中、家康をどう止めるつもりかと問われた信長は、「和の心を持って、天下を獲る」と宣言し…。

 ドラマ『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』は読売テレビ・日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。
    ニュース設定