手相の「エロ線」を持つ人は俳優向き? 暮れの酉が小宮璃央を鑑定

0

2022年08月14日 12:50  占いTVニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

 8月12日深夜放送の、占いリアリティーショー『どこまで言っていいですか?』(テレビ東京)。前回(8月5日放送)に引き続き、ゲストはスーパー戦隊俳優の小宮璃央さんです。最強占い師軍団が、小宮さんの内面や過去、未来をとことん占い尽くしました。


■指が細い人は「哲学者タイプ」
 深夜1時23分放送の『どこまで言っていいですか?』放送後のお楽しみは、延長戦のYouTube動画『どこまでも言っていいですか?』。毎回、占い師1名がゲストの芸能人と対面し、番組では話しきれなかったことを余すところなく占います。


 今回は、「鳳凰数術」をオリジナル占術とする伝説の占い師・暮れの酉さんが、人気俳優の小宮璃央さんを鑑定しました。


◎占い師
暮れの酉(くれのとり)さん
古今東西の占術を極め、19年間行列を絶やさなかった伝説の占い師


◎オリジナル占術
【鳳凰数術(ほうおうすうじゅつ)】
名前の画数と生年月日から鳳凰数を割り出し占う


 本編では、生年月日や出生時間を用いて占っていましたが、ここからは手相の出番。まずは、両手の全体の印象をチェックして、指の細さを指摘します。


 指がスラっとしている人は「哲学者タイプ」と言い、普通の人が考えないようなことを考えるから、何かを極めていく力があると伝えました。


■生命線が2本? 「自立」を意味する手相
 生命線を観た暮れの酉さんは、途中から2本の線が横並びになっている部分を示して「めちゃめちゃ特殊」と一言。生命線は親を表す線でもあり、小宮さんの場合は17〜18歳頃に「離れる」「自立する」といった意味になるそう。


 小宮さんが16〜17歳に一人暮らしを始めたと言うと、暮れの酉さんは、それまではとても気を遣う子どもだったけれど、自我が芽生え、素の自分になったと鑑定。「周りの期待に応えなきゃ」という考えを捨て、自分らしくなってきたのが線の分かれ目だと告げました。


 その線で観ると、17歳ぐらいから「いい意味でしっかり者」になったと暮れの酉さん。小宮さんはいろいろなことを一気に経験して、一人前に一歩近づけたと思うと答えます。


■手のひらの中央の三角形は「出世線」
 暮れの酉さんは、小宮さんの手のひらの中央にある大きな三角形の線にも反応。「超レア」だというその相は「出世線」とのこと。占い師である暮れの酉さんが「興奮しちゃってごめんなさい」と謝るほど珍しい線のようです。


 この線の持ち主は、人が喜ぶならちょっとぐらい、つらいことは頑張ろう、と思うタイプ。だから「憧れの俳優さんを超えていく」と暮れの酉さんが伝えると、小宮さんは「いいんですか? そんな」と動揺していました。


■俳優は「エロ線」が濃くても問題なし?
 手相の中で、小宮さんが意識していた線は、小学生の頃に友達から「めっちゃある」と言われたという「エロ線」。これは、人差し指と中指の間から、薬指と小指の間までを半円状に結ぶ線です。


 線を確認して「こんな爽やかな子に言うわけにはいかない」と慌てつつ、「結構、濃いな」と声を漏らす暮れの酉さん。でも、エロ線は俳優やアーティストに多い線でもあるそう。正式名称は「金星帯」と言い、愛と美の女神の線なので、ステージに上がる人などにはあったほうがいいと解説しました。


■「結婚線」が乱れていると晩婚に
 なお、暮れの酉さんは「結婚線」は乱れているので晩婚になると鑑定。小宮さんは自身の婚期を気にしていたものの、仕事で一人前になり、相手を幸せにできるぐらい稼げるようになってから結婚したいので、遅くてもいいと返答します。


 小宮さんは、実は「この仕事を続けていていいのか」と思っていた、とも。そんな中、今回の鑑定で「出世線」があることや、「具体的な目標を持つと花開く」とアドバイスされたことで、頑張りたいと思えたし、うれしいとコメントしました。


■3年後に大きな仕事が舞い込む!?
 YouTube動画の後半には、本編で放送された斗弥さんと小宮さんの1対1の鑑定の未公開シーンが収録されていました。


◎占い師
斗弥(とうわ)さん
本質を探る独自占術と禅タロットですべてを見透かす元ホスト占い師


◎オリジナル占術
【属性開抛(ぞくせいかいほう)】
「宿る神」「守り星」「属性」の3つで占う、持って生まれた気質を最大限に生かす開運法


 斗弥さんは、小宮さんがこれから注意すべき点や、今後の展望を占います。タロットカードを引いてみると、3年後に「役に入る」「大きな仕事が決まる」といった鑑定結果に。


 小宮さんは「誰かのためになりたい」という気持ちが強い人なので、お世話になっているプロデューサーや先輩などの提案で、仕事を受けることになりそう、と斗弥さん。この言葉に小宮さんも「すぐに承諾しちゃいそう」と頷きました。


■大きな作品の声優を務める可能性も
 占いによると、小宮さんは「声優」にも向いているよう。本人は驚き、考えたことがなかったと話しますが、斗弥さんは実績ができてから、映画など大きな作品の吹き替えをやるかも、と予想します。


 「楽しみにしています」と微笑む斗弥さんに、小宮さんは「僕も楽しみです」。そして「過去が本当に当たっていたので、未来も当たるんだろうな」「占いって面白いですね」と感想を伝えていました。


■暮れの酉の「鳳凰数術」であなたの性格を占う
公式サイト:暮れの酉の「鳳凰数術」


    前日のランキングへ

    ニュース設定