北陸 16日はフェーン現象による高温 17日頃は広範囲で警報級の大雨リスク高まる

2

2022年08月14日 16:00  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

北陸 16日はフェーン現象による高温 17日頃は広範囲で警報級の大雨リスク高まる

北陸地方は大気の不安定な状態が続くでしょう。更に17日頃は前線の通過に伴い広い範囲で大雨となりそうです。最新の天気予報の入手に努め、お出かけの際は、常に雨雲レーダーを確認するようにして下さい。



●17日頃 北陸で大雨リスクの高い「前線南下型」の気圧配置


17日は北海道方面を進む低気圧からのびる前線が北陸地方を通過する見込みです。前線に向かって太平洋高気圧の縁を回り暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。北陸地方は大気の状態が非常に不安定となる見込みです。前線は比較的東西方向に寝て、ゆっくり南下あるいは停滞傾向となると、山地・山間部・山沿いで上昇気流が強化され、局地的には予想を大きく上回る降水量となりそうです。現時点では16日夜から17日朝にかけて夜間で外の見通しが悪い時間帯で降水が強まる可能性が高くなっています。低い土地の浸水、河川や用水路の増水・氾濫、土砂災害には十分注意・警戒して下さい。また、事前に自宅周囲の排水が問題ないか、万一の際の避難場所や経路、非常用品を確認し、自治体や気象台から発表される情報に十分注意して下さい。


●前日の16日はフェーン現象による高温 乾燥も同時に予想されると「熱中症警戒アラート」の発表対象にならないケースも


16日は日本海を進む低気圧や前線に向かって南から西よりの風となるでしょう。等圧線の間隔は比較的狭く、風の通り道となる所を中心にやや強まりそうです。降水の強まりがなく、強い日差しが照り付けると、山越え気流が風下で昇温するフェーン現象となり、35度以上の猛暑日となる等、高温となる地点がありそうです。今月の8日は富山では西風型のフェーン現象となり、最高気温は37.1度と全国一の暑さとなりました。一方、8日(当日)5時の「熱中症警戒アラート」の発表状況は、北陸地方では福井・石川・新潟の3県のみが発表され、実況で最高気温が全国一となった富山では発表されませんでした。今夏は高温と乾燥が同時に予想される場合、熱中症警戒アラートの発表対象にならないケースが北陸地方では富山を中心に多くなっています。ただ、猛暑日となれば熱中症リスクが高いことに変わりはありません。たとえ数分でも「小さいお子様を自動車の中で1人にする」などの危険な行為は絶対止めましょう。


●その後の天気傾向は 台風の動向にも注意


20日頃には後続の低気圧や前線が本州付近を通過するでしょう。北陸地方では再び雨の降り方に注意が必要となりそうです。このタイミングで、上空の太平洋高気圧は東日本付近では南へ後退し弱まる見込みです。このため、猛暑日が続くような厳しい残暑からは解放されそうです。ただ、上空の太平洋高気圧が弱まるということは、裏を返せば、南の海上で台風や熱帯低気圧が発生した場合、東日本へ向かう進路が形成されやすくなることにもつながります。一度台風や熱帯低気圧が本州付近に近づくと、進路次第で天気の傾向が大きく変わりますので、常に最新の天気予報を確認するようにして下さい。


このニュースに関するつぶやき

ニュース設定