お盆休み後半 北海道や東北は大雨の恐れ 北陸なども警戒 お盆が過ぎる頃は関東も雨

5

2022年08月14日 17:01  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真お盆休み後半 北海道や東北は大雨の恐れ 北陸なども警戒 お盆が過ぎる頃は関東も雨
お盆休み後半 北海道や東北は大雨の恐れ 北陸なども警戒 お盆が過ぎる頃は関東も雨

お盆休み後半も、東北や北海道は大雨の恐れがあります。北陸付近も雨の降り方に注意、警戒が必要です。お盆が過ぎる頃は関東など太平洋側も雨が降るでしょう。



●北陸付近を中心に発達した雨雲 大陸の華北〜黄海付近に前線の雲


きょう14日、雲と雨雲の様子をみると、北陸付近を中心に、発達した雨雲がみられます。北海道でも所々で雨雲が発生し、発達しています。北陸付近では特に、あす15日にかけて雨雲が発達しやすく、局地的に大雨の恐れがあります。一方、大陸の華北から黄海付近には、前線の雲が広がっています。この雲は、あす15日午後から、東北や北海道にかかり、17日頃にかけて大雨をもたらすでしょう。台風8号は、きょう14日午後3時、北海道の根室市の南南東約270キロを北上しています。今後も北上し、温帯低気圧に変わる見込みです。今後、台風や台風から変わる温帯低気圧による大きな影響はないでしょう。


●東北や北海道 あす15日午後から前線の雨雲かかる 大雨の恐れ


東北や北海道は、あす15日午後から前線の雨雲がかかり、17日頃にかけて、大雨の恐れがあります。特に雨脚が強まるのは、15日夜から16日の午前中、東北北部や北海道の渡島半島や太平洋側です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒が必要です。


東北北部では、8月8日の降り始めからの降水量の合計は、14日午後3時までで、青森県弘前市の岳で444.5ミリ、深浦町で433.5ミリなど、平年8月ひと月のおよそ2.5倍になっている所があります。秋田県でも300ミリを超えている所があります。きょう14日、雨は止んでいますが、これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害の危険度が高まっている所があります。あす15日午後からの雨で、危険度はさらに高まりますので、危険な場所には近づかないでください。


●北陸付近 18日頃にかけて雨の降り方に注意・警戒 大雨の恐れ


北陸付近を中心に、あす15日にかけて、大気の状態が不安定で、雨雲が発生、発達しやすいでしょう。局地的に大雨の恐れがあります。16日は、前線が南下し、北陸から山陰、九州北部の対馬海峡沿岸の地域を中心に、18日頃にかけて雨が降るでしょう。北陸や山陰を中心に、雨脚が強まることがある見込みです。前線の活動の程度によっては、大雨になる恐れがあります。18日頃は、前線は更に南下し、関東など太平洋側も雨が降るでしょう。お盆が過ぎる頃にかけても、大雨に注意、警戒が必要な地域があります。今後も、最新の気象情報をご確認ください。


このニュースに関するつぶやき

  • 雨が降って、せめて過ごしやすくなりますように。どこにも被害が発生しないといいな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定