<ママ友に50万円貸す>【前編】ママ友から「お金貸して」とやつれた様子でお願いされた。どうする?

0

2022年08月14日 17:20  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


目の前で困っている人がいたとき、自分にできることがあれば助けてあげたいと思うのは、素敵な気持ちです。ましてやそれが親しい間柄の人であれば、なおさら力になりたいと思うことでしょう。けれどその困っている内容が「お金」であったらどうでしょう? ママスタコミュニティにこんな投稿が寄せられました。
『ママ友から「何も聞かず50万を貸して欲しい」と言われている。私以外にももう一人言われているみたい。そんな大金、「はいどうぞ」とは貸せないし、理由を聞かないと始まらないことを伝えても「お願いします」の一点張り。旦那さんに内緒で借金をしていてその返済なのかな? と思ったけど、そこまで貧乏な生活をしてるようにも思えなくて。どんな理由だと思う?』
理由次第では50万円を貸してあげても良いかも、と考えている投稿者さん。きっとそれくらい、ママ友さんと信頼関係が成立しているのでしょう。しかしいくら理由を聞いても、頑なに教えてくれないママ友さん。ギャンブルで借金がかさんでしまったとか、ホストクラブで遊んでその支払いが溜まってしまったとか? と考える投稿者さんに対し、ママスタコミュニティに集まったママたちは、こう反応します。

いったい何に使ったの? ママたちの予想は?

『投資に失敗したかな? 家族のお金に手をつけて、増やすどころか溶かしてしまい、そろそろバレそうとか』
『ネットビジネスにハマったとか、副業ビジネスでだまされたとか、男に貢いだとか?』
『不倫がバレて慰謝料じゃない?』
『不倫相手が借金で困ってるから助けたいんだよ』
「理由は聞かないで欲しい」と言われても、50万という大金はそう簡単に貸せる金額ではありません。旦那さんに頼めない様子から、ママたちは「旦那さんにバレてはいけない」理由を考えます。果たしてこの中に正解はあるのでしょうか……?

切羽詰まっているように見えるママ友

『この世の終わりみたいな顔で「お願いします、お願いします」と懇願されると、放っておいたら変な気を起こすんじゃないかと思ってしまって。毎月2万ずつ返して60万にして返すって言うんだけれど……』
「50万貸して」と言われて、二つ返事で貸せる人は少ないでしょう。ましてや「ママ友」という関係性であれば悩むのは当然です。しかし投稿者さんは、50万を頼むママ友の姿にただ事ではない雰囲気を感じているのだそう。
『これでもし貸さなくてどうにかなったら後味が悪いというか「あのとき貸してあげてたら」って思うんじゃないかと思って。誰が見てもママ友がやつれているのは分かるし、明らかに様子が変だし』
もし投稿者さんが50万を貸さなかったことが原因で、ママ友が良からぬ気を起こしたら……? そう考えると、50万を貸さなくてはならない気になってくるのも、分からなくはありません。けれど相手は「ママ友」ですよ? しかも金額は「50万」ですよ? お金を貸そうか悩んでいる投稿者さんに、ママスタコミュニティに集まったママたちから「絶対にダメ!」のコメントが集まります。

絶対に貸してはダメ!というママたち

『ママ友って関係性なら、理由を知っても絶対に貸さない。身内以外は親友しか無理』
『どんな理由があっても絶対に貸さない。お金の切れ目が縁の切れ目って言うでしょ? 親兄弟であっても、お金の貸し借りは絶対しちゃ駄目っていうのに、ママ友なんて論外』
相手の事情は分からないけれど、どんな事情があってもママ友相手にそんな大金を貸してしまうのは危険だと警鐘を鳴らすママたち。投稿者さんとママ友の関係の深さがどの程度のものかは分かりませんが、親兄弟であっても躊躇するのが「お金の貸し借り」です。もう少し慎重になることを忘れてはいけませんね。
『貸さないことで何かあったとしても投稿者さんのせいじゃない。ほんとに困ってるなら借りる先は消費者金融とかだよ』
もし投稿者さんがお金を貸さなかったことでママ友さんに何かがあったとしても、それは投稿者さんのせいではないというコメントにも納得です。お金を貸してくれる機関がある以上、本当にお金が必要であればそういったサービスを利用すべきなのではないでしょうか。

貸すのであれば「あげる」覚悟で

『まあ「貸す」じゃなくて「あげる」って思ったほうがいいね。そして1度貸したら、調子に乗って今後も続くと思うから覚悟することだね』
『お金は基本貸さない。貸すのではなくあげると思う。ただし、それは自分にとって本当に大切な人のみ』
それでも投稿者さんが貸してあげたいと思うのであれば、名目上は「貸した」お金であっても、心の中では「あげた」お金だと自覚した方が良いとママたち。ママ友との間に「貸し借り」ができれば、今までと同じ関係を築くのは難しくなるでしょうし、返済が滞れば揉めることもあるかもしれません。そうなったとしても、「あげたお金」と思えば、投稿者さんも穏やかな気持ちで過ごせるのではないでしょうか。

目の前に困っている人がいれば、助けてあげたいと思うのは大切なことです。しかしその「手助け」の方法をしっかり考えることもまた「人助け」なのかもしれない、と感じた投稿でした。

後編へ続く。

文・渡辺多絵 編集・すずらん イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定