石井慧、プロボクシングデビューで初勝利飾る 2−0判定勝ちも反省点「全然ダメ」

3

2022年08月14日 19:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『3150FIGHT vol.3』ヘビー級4回戦に出場したサトシ・イシイ(C)3150FIGHT
『3150FIGHT vol.3』ヘビー級4回戦に出場したサトシ・イシイ(C)3150FIGHT
 2008年北京五輪柔道100キロ超級金メダリストの石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ/35)が14日、エディオンアリーナ大阪で行われた『3150FIGHT vol.3』ヘビー級4回戦で、プロボクシングデビューを飾った。高山秀峰(スパイダー根本/30)と4ラウンドで対戦し、2―0で判定勝利をおさめた。

【動画】勝利も辛口評価!試合後インタビューに応じるサトシ・イシイ

 石井は、北京五輪後に総合格闘技に転向し、18年にクロアチア国籍を得て、同国でプロボクシングのライセンスを取得。今回はサトシ・イシイとしてクロアチアの選手として登場した。

 試合を終えたイシイは「スパーリングと本当の試合は違うんだということがわかりました。相手も必死こくんでね、デビュー戦ですけど全然ダメですね」と反省。

 試合中には相手をロープに詰め、プレッシャーをかけていたイシイ。そのスタイルについて聞かれると「あれしかできないんでね。プレッシャーをかける練習をしてきた」と明かす。また最終ラウンドで強くヒットした顎へのパンチについて聞かれると「気づかなかったです。、もっともっと(パンチの)強弱をつけけられればと思います」と今後に向けた改善点を語った。

 イシイはこれからの活動について「海外では絶対やりたいと思っています。日本でやるにはJOCのみなさんのご理解が必要になりますので、何卒よろしくお願いいたします」と話し、会場の観客に「みなさん来ていただいてありがとうございます。また頑張っていきます」と感謝した。

 前日の記者会見では、石井が「オリンピックスポーツであるボクシングに挑戦したいと純粋に思いまして、今回亀田さんに話したら、チャンスをいただけるということで出場を決めました」と、ボクシング挑戦への経緯を説明していた。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 総合格闘技からキックボクシングときてプロボクシングか・・・どれもいい結果を残してる。すごいな・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定