吉本新喜劇、4歳のファン・小林莉緒ちゃん熱演にほっこり 高2・中野水鈴さんらも座員と共演

0

2022年08月15日 10:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真吉本新喜劇がファン参加型の『みんなで作ろう新喜劇』を開催
吉本新喜劇がファン参加型の『みんなで作ろう新喜劇』を開催
 吉本新喜劇が13日、大阪・難波のYES THEATERで『みんなで作ろう新喜劇』を開催した。新喜劇公式ファンクラブ「すんの会!」リニューアルを記念したもので、この日の公演にはファンが舞台出演や演出などで参加した。

【写真】4歳の“女剣士”小林莉緒ちゃんが登場!大盛況の『みんなで作ろう新喜劇』

 「すんの会!」が今年4月から年齢制限のないファンクラブとなり、子どもから大人までファン参加による『みんなで作ろう新喜劇』が企画された。応募総数120人から「出演者コース」と「スタッフコース」の60人を選抜し、演技のけいこや裏方の準備に励んできた。

 ヒロインともいえる劇団員役の高校2年生・中野水鈴さんは、セリフ量の多い中で“泣かせる”演技も披露。また、ほぼ出ずっぱりとなった武内ひなたちゃんは、父役の烏川耕一と息の合ったボケ・ツッコミで、コメディアンヌぶりを発揮した。さらに、4歳の小林莉緒ちゃんが女剣士に扮するなど、座員にひけをとらない個性派たちがそろった。

 座長の川畑泰史は「みんなすごい頑張りでしたね」と参加者をねぎらった。特に4歳の莉緒ちゃんの舞台度胸には川畑も脱帽したようで、「コロナ禍でなければ、このあと2人で飲みに行きたい」と笑わせた。

 酒井藍は「全然違うんですけど、全員を産んだような気持ち」と感無量で、さらに「川畑座長がお父さんに見えました。みんなに川畑座長がいろいろ指導してくれてて、みんなも一生懸命やってて、私は楽しい以外なかったです。癒されました。私も頑張ろうと思いました」としみじみ。

 大役を務めた水鈴さんは「めちゃくちゃ楽しかったです。始まる前はマジで泣きそうなぐらい緊張してて、ヤバいかもしれないって思ってたんですけど、本番で間違えてもみんなが笑ってくれたりして、それはそれでよかったかなって」と安堵の笑みで、高校で所属する演劇部の活動にも生かしていきいと喜んだ。
    ニュース設定