北海道 今月4回目の大雨の恐れ ピークはいつ頃?

1

2022年08月15日 17:14  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真北海道 今月4回目の大雨の恐れ ピークはいつ頃?
北海道 今月4回目の大雨の恐れ ピークはいつ頃?

前線を伴った低気圧が日本海から近づき、明日16日に北海道付近を発達しながら通過する見込みです。暖かく湿った空気が入るため大気の状態が不安定となり、前線付近や低気圧の周辺では活発な雨雲が発生し、大雨となる所がある見込みです。北海道では、今月に入ってたびたび大雨に見舞われており、少しの雨でも災害の発生する恐れが高くなっています。今後の雨量と、ピークの時間についてもお伝えします。



●警報級の大雨となる恐れも。


北海道では低気圧や前線の接近に伴い、早い所では道南で今夜(15日)から雷を伴った激しい雨の降る所があります。あす(16日)朝にかけては道内の広い範囲で激しい雨となるでしょう。日本海側南部や太平洋側西部では明日(16日)午後6時までの24時間に降る雨の量が150ミリに達する恐れがあります。日本海側北部や太平洋側東部でも100ミリに達する大雨となるでしょう。雨は断続的に雷を伴って降り、雨雲の動きや発達の程度によっては、警報級の大雨になる可能性もあります。明日16日にかけては、日本海側や太平洋側西部では特に竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうなどの天気の急変に十分な注意が必要です。


●雨のピークはいつごろに?


ではこの雨のピークはいつ頃になるのでしょう。最新の予想では、道南方面や道央では午前6時前後、太平洋側東部では午前9時前後に雨のピークとなり、一時間に30ミリから40ミリと激しく降るでしょう。一時間に30ミリから40ミリの雨とは、「バケツをひっくり返したような雨」と表現されることもあります。道路はあっという間に川のようになり、また、傘をさしていても濡れるような雨です。風を伴うと全身がびしょぬれになってしまいます。北海道では今月に入って1日、8日、11日から12日と太平洋側を中心にたびたび大雨に見舞われています。少しの雨でも土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などが発生する恐れがあります。今後の天気の変化、注意報や警報などの気象情報はもちろん、自治体などから発表される避難情報などにも十分留意して下さい。


    ニュース設定