『新・信長公記』永瀬廉&濱田岳への期待急上昇、“裏切り”展開で見せる歴史物の醍醐味

0

2022年08月15日 18:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

ついに裏切り者が現れ、「全員演技うますぎる」「駆け引きがおもしろい」「今日もすごい展開」とストーリーに深みが出てきた『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』第4話(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10時30分から放送)。King & Prince永瀬廉をはじめとする武将のクローンたちは、全員主役級。武将それぞれの個性が光る贅沢すぎる物語で、「最高のキャスティング」「加速度的に面白くなってる」「どハマり中」と夢中になる人が続出している。


本作は、戦国武将のクローン高校生たちが「学園の天下統一」を目指していく、青春あり、戦ありの学園天下獲りエンターテインメント。豊臣秀吉(西畑大吾)、明智光秀(萩原利久)、上杉謙信(犬飼貴丈)、伊達政宗(三浦翔平)など、史実を取り入れた“武将”たちのライバル関係や驚きの戦略にも注目が集まっている。

(以下、第4話ネタバレあり)



裏切り者が現れ、新たな一面を見せ始めた特進クラス。さすが戦国武将のクローンとあって、動き出したそれぞれが主役を張れる実力と個性に溢れていた。


登場から一貫して「怖い」「ホラー」と話題の徳川家康(小澤征悦)も今回は出番が多く、物語にも緊張した空気が漂う。

「誰かを倒す」という旗印でさらなる恐怖に襲われ、視聴者も「みんな疑心暗鬼になってる」「全部見透かしてる感じ」と、その迫力と貫禄に圧倒された。しかし、ただ怖いだけではなく、明智光秀を取り込むほどのカリスマ性も持ち合わせている。怪我のお見舞いにモップの花束を持ってくるセンス、そして突然の掃除機のモノマネもさすがだ。やはり、最後に勝つのは徳川家康なのか。


一方、「天下を獲る」宣言で徳川家康に立ち向かう織田信長にも、演じる永瀬廉の力強い目力に「なにかやってくれる!」と期待してしまう。無気力だった頃との対比で、強くなっていく信長を丁寧に見せてくれている。ツッコミを受けたり無邪気に笑う姿には人間味が感じられ、より深みあるキャラクターに。みやび(山田杏奈)とのコンビも「グッとくる」「バディ感」と期待が高まっている。


そのみやびからも目が離せない。“戦国武将のクローンに囲まれた高校生活”という世界観にリアリティを持たせ、「自分だったらどうするかな…」と想像させる。


家康にも堂々と意見する強さや、どうにか学校に平和をもたらそうとする熱意には「かっこ良かった」「みやびちゃん頑張れ!!」と応援のコメントが続出。信長や秀吉に接するときの優しい笑顔には「癒される」「可愛い」の声も。武将たちの心を動かしていくみやびにリアリティを感じるのは、山田杏奈が色々な表情を見せてくれて、視聴者に一番近い存在でいてくれるからかもしれない。


史実との対比も歴史ドラマの醍醐味。全員が武将のクローンで15歳、という設定だけでも想像が広がり続けるが、ついに裏切り者が現れた。思わず、「戦国武将 裏切り者」と史実を検索してしまった視聴者もいたのではないだろうか。誰が裏切り者なのか、そしてそれを演じるのは誰なのか。歴史から、ドラマ内の怪しいシーンから、そして原作から――まだ物語は中盤、様々な考察合戦が始まっている。



史実でも“裏切り”は重要なターニングポイント。第3話で裏切りを見せたのは明智光秀(萩原利久)。第4話でも徳川家康(小澤征悦)の後ろについており、特進クラスのメンバーも唖然。萩原利久の、どこか盲信的で、かつ裏がありそうな演技はさすがで、「まだ何かありそう」と考察を始める視聴者も。仲の良かった上杉謙信(犬飼貴丈)からの視線にも注目が集まっている。



裏切り者の存在で疑心暗鬼になる武将たちの混乱は、まさに徳川家康の思惑通り。そんな中、井伊直政(駿河太郎)から武田信玄(満島真之介)を侮辱され、「何だと?」と感情をあらわにする上杉謙信は「フードとった!」「カッコいい」「最高のライバル」とSNSで話題に。ライバルへの敬意と、義の武将らしさ溢れるシーンだった。犬飼貴丈が演じる美しさと熱さには芯の強さも感じられ、上杉謙信をより魅力的に見せてくれる。意味深な表情も見せており、「裏切る?」と不安も残るが、史実とは異なる武田信玄との“共闘”も見てみたい。


「一番謎」「絶対敵に回したくないタイプ」と話題の黒田官兵衛(濱田岳)も、今回大きく動いた。

一歩離れたところから戦況を見ていた黒田官兵衛だが、“自分の才を注ぐべき器”として信長(永瀬廉)につく。裏切り者をあぶり出す頭脳戦はさすが。演じる濱田岳も、怪しさに加えてかっこよさの際立つ演技が光っていた。みやびから「女性に一途」だと言い当てられて、照れる場面ではかわいさも。「何にでもなれる」「空気が変わってクオリティが上がる」と絶賛の濱田岳。次回予告では信長を演じる永瀬廉と共闘するシーンもあり、2人から目が離せない。


混乱の末、裏切り者として浮上したのは、今川義元(松大航也)と井伊直政、そしてまさかの武田信玄。黒田官兵衛と幼馴染みである竹中重治(暴啾析)も怪しい動きを見せていた。また、史実では徳川家康の側近だった“徳川四天王”の面々もこれからどう動くのか注目される。このクラスに“モブ”はいない。全員が実力を持ち、その名を轟かせてきた武将。誰が裏切り、誰が寝返るのか、史実が入り混じる今後の展開が楽しみだ。


第4話では恒例と思われた伊達政宗(三浦翔平)のコスプレや本多忠勝(阿部亮平)の物語が見られなかったが、「クイズ」「あっち向いてホイ」「椅子取りゲーム」など平和でかわいい旗印戦が見られ、ひとときの癒しに。さらに、美術の授業で作ったと思われる器にも武将たちの個性が。公式Twitterでのオフショットなどと合わせて、“かわいい武将”たちも堪能できた。これから激化する戦いの中にも、癒やしの時間を期待したい。



仲が良かったはずの上杉謙信(犬飼貴丈)と明智光秀(萩原利久)。次回予告では、すれ違うふたりの姿も。これは普通の高校生活ではなく生き残りをかけた戦い。忘れてはいけないのは、第1話ラストで見せられた“特進クラスのほとんどが数カ月後にはこの世を去っている”という事実。ここからの行動で、武将たちの運命が分かれていく。アクションも期待される第5話は、8月21日(日)よる10:30〜放送。あらすじも到着した。



【第5話 あらすじ】

裏切り者を見つけ出す為に動き出した織田信長(永瀬廉)、日下部みやび(山田杏奈)、黒田官兵衛(濱田岳)。そんな中で、「裏切り者同士、仲良くしねーか?」と今川義元(松大航也)に声をかけたのは、武田信玄(満島真之介)だった。

武田が、自分と同じ裏切り者であると思った今川は、裏切り者同士の連携が取れずに困っていたと語る。そんな今川に、武田は「やっぱ、てめぇは裏切りもんか」と冷ややかな視線を送る。


一方、黒田は、井伊直政(駿河太郎)に声をかけていた。井伊が裏切り者であることを見破った黒田に、「てめぇがこっち側なのは心強え」と笑顔を見せた井伊。二人が話をしていると、今川や、真田幸村(田野倉雄太)、竹中重治(暴啾析此砲やってくる。竹中は、小学校時代の同級生である黒田を見ながら、「仲良くなれそうだ」とつぶやいて……


トレーニング室では、明智光秀(萩原利久)が、「黒田が裏切り者である、という情報が出回っている」と、徳川家康(小澤征悦)に報告をしている。黒田は、家康側についたとは言っておらず、「何か企んでいるかも」と考える明智に、家康は「大事なのは見えない裏切り者に怯え、特進が混乱に陥ること」と告げるのだった。


そんな中、みやびは、家康を上回るポイントを稼ぎ出すためのPBB(ポイント倍々)作戦を再開させ、クラスを束ねるべきだと織田信長(永瀬廉)に話すが……。その後、教室では、クラスメイトたちに「俺は裏切り者だ。皆を欺いていた」と告白をした黒田。伊達政宗(三浦翔平)の拳が飛ぶ中、なぜか小太鼓を叩く信長がやってきて……。黒田は、クラスメイトたちにPPB作戦の再開を訴えるが、伊達は「君はもう仲間じゃない」ときっぱりと話し、PBB作戦は再開できそうにない。クラスを束ねる方法がわからない信長は、何かを考える表情で……。

■『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』

毎週日曜よる10時30分〜

(C)読売テレビ

    ニュース設定