“令和の野球少女”池田朱那のプレーにガチ勢も「上手いなあ…」 高校野球ショートドラマが最終回へ

1

2022年08月15日 18:44  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ABCテレビのショートドラマ『ふたりの背番号4』に出演する池田朱那(C)ABCテレビ
ABCテレビのショートドラマ『ふたりの背番号4』に出演する池田朱那(C)ABCテレビ
 “令和の野球少女”と話題の俳優・池田朱那(20)が主演を務め、ABCテレビ「高校野球中継」内で放送されているショートドラマ『ふたりの背番号4』(関西ローカル)が、あす16日に最終回を迎える。これまで池田の吹き替えなしのプレーシーンが反響を呼び、SNSでは“野球ガチ勢”からも感嘆の声が寄せられている。

【動画】“令和の野球少女”池田朱那が美スイングを披露した予告編

 ドラマは、夏の甲子園『第104回全国高校野球選手権大会』の試合インターバルを盛り上げるもので、コロナ禍を背景に、栃木県立鹿沼高校で県下唯一の女子選手として白球を追いかけた木村百伽(きむら・ももか)さんの実話をもとにしたオリジナルストーリーを届けている。

 池田自身も小学1年生から7年間、地元野球チームでプレーした経験があり、木村さんをモデルにした主人公・川瀬遥香役を演じるにあたり、中学生以来伸ばしていたロングヘアを約30センチカットして、ユニフォームに身を包んだ。

 女子球児の葛藤を表現するとともに、素振り、投球、シートノックなどのプレーシーンも吹き替えなしで撮影。これに、「池田朱那さん、上手いなあ…」「野球経験者なんだね!通りでフォームが綺麗」「野球ガチ勢な池田朱那さんの立ち回りを見ているだけでも楽しめる」などと、注目が集まっている。

 夏の甲子園はきょう15日から3回戦が始まり、ドラマはあす16日にいよいよ最終回を迎える。熱戦を闘う高校球児に思いを重ね、池田からコメントが到着した。

■池田朱那 コメント
まさに熱闘!高校球児に毎日元気をもらっています!
私、池田朱那が主人公を演じています『ふたりの背番号4』がとうとう最終回を迎えます。7年間男の子の中に混ざって野球を続けた私だからこそ分かる遥香の気持ちがたくさんありました。最後のシーンはお芝居なのか、素なのか、自分の中にたくさんの感情が入り混じっています。高校野球では女の子はどんなに頑張っても公式戦に出ることはできないけれど、野球が好きだという一心で走り続けた時間は決して無駄ではないし、仲間と培ったその3年間の絆は一生の宝になる。私もこの作品で、遥香のおかげで、かけがえのないものをたくさんいただきました。このキャスト、スタッフの皆さんだからこそ素敵なドラマができました!『ふたりの背番号4』最終回では、遥香やチームの仲間の3年間の集大成をぜひ見守ってください。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定