二宮和也、林修に語った「最も過酷な2日間」 壮絶な経験の裏にあったジャニーさんの思い

0

2022年08月15日 18:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真林修氏 (C)ORICON NewS inc.
林修氏 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の二宮和也(39)が14日放送のMBS・TBS系バラエティー『日曜日の初耳学』(毎週日曜日 後10:00)に出演。「考えられないくらい厳しかった」と、14歳当時の様子を激白した。

【動画】かまいたちがナレーション、タングの秘密に迫る新たな動画が公開

 演技経験のない、当時14歳の二宮が主人公に抜てきされ、大きな話題となった『天城越え』。演出家が『3年B組金八先生』で有名な大岡進氏だが、二宮は「大変厳しい方でした」と振り返った。「進むか」「戻るか」どうか心の葛藤を演じたわずか数秒のシーンに、丸2日もかけたという。のちに、俳優人生で最も過酷な2日間だったと語っているが「やばいですよね!?」と当時の過酷さを語った。

 そんな壮絶な2日間の出来事について「のちに発覚したんですけど、ジャニー(喜多川)さんから大岡さんにお願いされていた」と告白。「芝居も何もできないだろうから、現場のルールや大人の中で働くマナー、生き様だけでも叩き込んでくれ」とジャニー喜多川さんから、直接お願いされていたという。さらに、オンエアを見たジャニーさんに「下手だよね」と怒られたようで「ジャニーさんが亡くなってから気づいたんですけど、1対1でしゃべったシーンがなくて、1対1で会話したのが怒られた時」と唯一の2人きりの会話であったと明かした。

 多岐にわたる活動を経験していく中で、一流の人物との付き合いが多い二宮だが、そんな二宮を虜にするのは“ため口”。テレビだけでなく、プライベートでもため口を使うという二宮だが、「自分より先に死んじゃう。甘えられる時間がきまっているのに、最初から距離を開けてどんどん縮めていくって、もったいなさ過ぎて。後悔がこれまでに何個もあって、後悔しないように生きているうちに甘えとかないと死んじゃう」と笑い交じりに語った。
    ニュース設定