ヒカキンに不審者接触の事案「体制が十分でなかった」 運営委託先のディスクガレージ社が謝罪

2

2022年08月15日 18:56  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真不審者に接触されたHIKAKIN (C)ORICON NewS inc.
不審者に接触されたHIKAKIN (C)ORICON NewS inc.
 14日に都内で行われたイベントで、ステージ上で不審者が侵入し、人気YouTuberのヒカキンが接触された事態について、所属事務所のUUUMが15日、公式サイトで経緯と今後の対策方針について報告した。イベント運営委託先のディスクガレージ社も体制不十分を認め、「関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪コメントを発表した。

【写真】不審者乱入で接触!怪我なく無事を報告したヒカキン

 イベント共同開催に名を連ねていたUUUMは、公式サイトで「8月14日、国立代々木競技場第一体育館にて、UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:梅景 匡之)が共同開催した『オールスター大運動会@代々木競技場』第二部において発生した不審者侵入事件について、あらためて経緯と、今後の対策方針についてご報告いたします」と発表した。

 それによると、不審者の「会場建物への侵入方法について」は、「本イベント運営に際し、当社および運営委託先である株式会社ディスクガレージ、株式会社ポニーキャニオンと協議の上、当該会場で実施される大多数のイベントと同等の警備体制を敷いておりました」とし、「チケットを所持せずに会場建物に立ち入ることができない導線設計を確立しておりました」と説明。

 一方で「当該不審者の会場建物への侵入が、チケットを所持され建物内に入場済みのお客様を利用する形で行われ、その方法が相当に特殊であったことが判明」しているとし、「この点については、運営委託先各社と重要な課題として喫緊の対策が必要と考えております」と伝えた。

 また、「会場建物侵入以降について」は、「会場建物内の警備体制については、一般のお客さまが立ち入り可能なエリアと、イベント関係者のみ立ち入り可能となるエリアが、通行パスによって明確に切り分けられておりました」と説明し、不審者が建物侵入後にステージまで到達した経緯については「ディスクガレージ社における体制が十分でなかったとのコメントをいただいております」とした。

 その上で、UUUMとして「今後開催するイベントに関し、改めて出演者、来場者およびスタッフの安全確保を最優先として、委託先各社とともに、運営警備体制の強化・改善に取り組んでまいります」と伝えた。

■ディスクガレージ社によるコメント
弊社としては基本的な使命として、出演者・スタッフ及び来場者の安全を確保することを大前提と考えております。また、日頃その点に留意して警備体制を構築・運用してまいりました。この度のような想定外のケースに関しましては、各会場の構造や導線を再確認し、再発の防止に努めてまいります。関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。
    ニュース設定