「睡眠不足」でシミ・シワが増える? 40代から実践したい「老け見えしない」眠り方【医師が解説】

2

2022年08月15日 20:21  All About

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真寝不足で肌のくすみや化粧ノリの悪さを感じる人は少なくないようですが、様々な調査や研究で、睡眠の質と見た目の印象との関連が報告されています。40代からは良質な睡眠を味方につけて、老け見えしないよう対策しましょう。
寝不足で肌のくすみや化粧ノリの悪さを感じる人は少なくないようですが、様々な調査や研究で、睡眠の質と見た目の印象との関連が報告されています。40代からは良質な睡眠を味方につけて、老け見えしないよう対策しましょう。

見た目・印象にも現れる睡眠不足……クマ・くすみ・動作緩慢

慢性的な睡眠不足は様々な病気のリスクを上げると報告されていますが、多くの人が睡眠不足の悪影響を実感するのは見た目の変化でしょう。

睡眠不足が続くと、目の下のクマや疲れ目など、見た目ですぐにわかるような変化が表れます。女性の場合は肌のくすみや化粧のりの悪さなどで、寝不足を自覚する方も多いようです。眠気が強いと人と話していてもぼんやりした反応しか返せなかったり、考えがまとまりにくくなったりします。

睡眠不足による眠さやだるさから本来の元気がなくなり、テキパキと行動できなくなることもあります。実年齢より「老け見え」してしまう原因として、睡眠不足は決して無視できません。

睡眠不足でシミ、シワ、くすみ、赤みが増加? 睡眠と美容の関係

近年は「睡眠負債」といった言葉もあり、睡眠不足が健康に及ぼす長期的で深刻な悪影響が報告されていますが、美容面でもマイナスになることは非常に多いです。睡眠と美容に関する研究は、美容や健康に関わる多くの企業が研究を進めているテーマでもあります。

一例として、いくつかの報告をみてみましょう。

ポーラ化成工業が複数の男女に対して行った、8時間以上の睡眠をとった日と3時間以下しか睡眠をとっていない日の朝の角層の状態を比較した研究(※1)では、睡眠不足が肌あれの原因になるメカニズムが報告されています。

また、イギリスの寝具メーカーが女性を対象に行った調査(※2)では、6時間睡眠を続けた後の被験者たちのシワやシミの数、肌の赤みの増加が報告されています。

睡眠改善委員会による調査報告(※3)では、特に“かくれ不眠”の40代女性に、肌のハリやくすみ、シワ、シミなどの複数の肌トラブルを実感している人が多く、快眠者との間に大きな差があることが報告されています。

寝具メーカーである西川の検証(※4)では、良質な睡眠環境を整えることで、成長ホルモンの分泌促進や酸化ストレスの減少など、アンチエイジング効果が見込めると発表されています。

このように医療分野以外の企業やメーカーも、睡眠と美容の関係について様々な調査・研究を行っており、その関連が無視できないものだということがわかります。

老けない睡眠時間の目安は「7時間前後」

見た目の面でも健康的な肌を保ち、生活習慣病やうつ病にならず、見た目の若々しさを保つには、6〜8時間、つまり7時間前後の睡眠をとることが推奨されます。

ただし、最適な睡眠時間は個人差も大きいため、単に「6時間とればよい」「8時間寝なくてはいけない」というものではありません。時間の長さだけにこだわらず、自分が必要と感じる十分な睡眠をとるように意識することが大切です。

お肌のゴールデンタイムのウソ

かつては「22〜2時に成長ホルモンが多量に分泌されるため、この時間帯には眠っている方が良い」と考えられ、22時〜2時が「お肌のゴールデンタイム」といわれたことがあります。

しかし、これは正確ではありません。成長ホルモンは、時刻に規定されているのではなく、深いノンレム睡眠中に多量に分泌されます。深いノンレム睡眠は、寝付いてからの3時間に多く現れます。成長ホルモンは皮膚の新陳代謝などにも関係しているので、深いノンレム睡眠がしっかりとれていれば22〜2時に限定されず、肌の健康状態は良くなります。

一方で、全くの間違いともいえない面もあります。睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があります。深いノンレム睡眠は寝付いてからの3時間に多く現れますが、朝方になるにつれてレム睡眠の時間が長くなります。ですから例えば午前4時に寝付くと、ノンレム睡眠とレム睡眠の両方が同時に現れようとして、睡眠のバランスが悪くなります。

また、一般的に睡眠時間は6〜8時間必要です。多くの人は平日6〜8時頃には起きなければなりません。これらのことを考えると、22時〜2時、できれば午前0時までに眠ると良質で十分な睡眠をとれる可能性が高いといえます。

40代からは老け見えしないためにも良質な睡眠を

健康面でも見た目の美容面でも、アラフォーから更年期は、その後の人生の分かれ目です。睡眠の質の悪さや睡眠不足で老け見えし、長期的な健康の面でもマイナスになることがないよう、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

■参考
※1 「睡眠不足による肌あれの原因を解明」(POLA)(PDF)
※2「女性が睡眠不足になると、お肌はどうなるの?(調査結果)」(HUFFPOST)
※3「女性に顕著な差 “かくれ不眠”は肌トラブルの原因!? 睡眠改善インストラクターが提案する、肌のための睡眠改善とは」
※4「西川の4層特殊立体構造マットレス使用による睡眠のアンチエイジング等の効果を科学的に検証」

坪田 聡プロフィール

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医。日本医師会、日本睡眠学会、日本コーチ協会所属。医師とビジネス・コーチという2つの仕事を活かし、医学・生理学と行動計画の両面から睡眠の質の向上に役立つ情報を発信している。
(文:坪田 聡(医師))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定