アプガ(2)催眠術にかけられヒット祈願、佐々木ほのかヒューマンブリッジ成功

0

2022年08月15日 23:30  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

アイドルグループ・アップアップガールズ(2)(アプガ(2))が15日、都内で12thシングル『U(2)Zone LINE/恋はアップ(2)Summer』のリリース記念イベントを開催。催眠術師・催眠療法士の夢幻颯人氏も登場した。






12枚目のシングルとなる本作は、7人(高萩千夏鍛治島彩中川千尋佐々木ほのか森永新菜島崎友莉亜新倉愛海)での新体制をスタートしたアプガ(2)の新体制後初のパッケージリリースとなり、『U(2)Zone LINE』は新たな出発にふさわしい、未来へと進む力強さを感じさせる1曲で、アプガ2の確固たる決意を表す代表曲になっている。そして『恋はアップ(2)Summer』は、この夏をアプガ(2)らしく盛り上げるサマーチューンで、夏の暑さとともに高まる恋心を表した、王道アイドルとしての表情を感じさせるサマキュンソングとなっている。


同イベントでは、そんな2曲に加えて『二の足Dancing』を披露し、ファンを熱狂させた。また、合間のMCでは夢幻氏がリリースの成功祈願としてメンバーに催眠術をかける企画が行われ、新倉は「『U(2)Zone LINE』という曲の中に『キセキを起こせる これからも』、そして『未知の世界へ行こうよ』という歌詞があるんですけど、本日は催眠術でキセキと未知の世界を体験させていただきます」と企画の紹介をすると、鍛治は「まさかの形の未知だね」と期待に胸を躍らせた。


まずは、高萩と島崎がスプーンに乗せたわさびを食べるという催眠術が行われ、見事に催眠術にかかってワサビを平気な顔で食べた島崎は「クリームみたい」と目を輝かせ、高萩も「甘い!口の中で(わさびを)転がした」と余裕の表情。その様子を半信半疑で見ていた中川と森永は、2人が口にしたものと同じわさびを口にすると苦悶の表情を浮かべ、森永はその辛さに「ムリムリムリ!」と涙を流していた。


次に、苦手な牛乳の飲めるようになる催眠術をかけられることになった鍛治島は「本当に苦手なのでドキドキしています」と緊張の面持ちを浮かべ、いつから嫌いなのか質問されると「給食の牛乳とかはすでに飲めなくなっていました。でも母乳は飲めたはずなんですよね。きっかけは思い出せないですけど、給食の牛乳がぬるかったからかもしれません」と返答。今回、用意された牛乳もぬるかったことから、鍛治島は「最悪の状態ですね」と苦笑したが、夢幻氏から深めの催眠をかけられると、チビチビと飲めるようになり、これにメンバーも大驚き。鍛治島は「なんかバニラアイスみたい」と目を丸くしつつ、しばらく経つと「でもわからない。今、絶妙な感じだな。今、橋を渡っている感じです」と複雑な表情を浮かべた。


さらに、佐々木がヒューマンブリッジの催眠をかけられることとなり、夢幻氏は「通常、術師がかけるんですけど、多分、業界初だと思いますけど、メンバーがメンバーにかけてヒューマンブリッジをやります」と宣言し、「実験台ってことですか?」と不安そうな佐々木を横目に、各メンバーは、首や肩、足など、それぞれのパーツを担当し、佐々木の体を固めていった。そして、催眠をかけ終えると、夢幻氏は佐々木の腰を支えていた椅子を引き抜き、頭と足だけで自身の体を支えてヒューマンブリッジを成功させた佐々木は「全然このまま歌えるわ」と笑顔を見せて驚かせ、夢幻氏が「(この体制では)普通だったら力が入って喋れない」と言うと、佐々木は「全然喋れまーす」と余裕な表情を浮かべた。


加えて夢幻氏は、会場に集まったファンに、いつまでもアプガ2のことが好きになる暗示をかけて、同企画は終了。苦手な牛乳を飲んだ鍛治島は「だんだんと気持ち悪くなってきた」と催眠が解け始め、ヒューマンブリッジをした佐々木は「私、雲の上に乗ることが夢だったんですけど、夢が叶った感がありますね」と声を弾ませた。


そして、最後に鍛治島は「今日はアップアップガールズ(2)1stシングルのCDデビュー日です。デビュー日に12枚目シングルのリリースイベントができることは、この長い道のりをみなさんと走ってこられたなということだと思います。本当に嬉しい気持ちでいっぱいです」と感慨深げに語り、「2022年は2がいっぱいの2期の年ということですし、『U(2)Zone LINE』ですので、これからもっとゾーンに入った私たちを見てもらえるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

    ニュース設定