和牛、映画『プリキュア』ロボット役でアニメ声優初挑戦 関西弁と標準語で複数体演じ分け

57

2022年08月16日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『映画デリシャスパーティ・プリキュア 夢みる・お子さまランチ!』に声優出演する和牛 (C)2022 映画デリシャスパーティ・プリキュア製作委員会
『映画デリシャスパーティ・プリキュア 夢みる・お子さまランチ!』に声優出演する和牛 (C)2022 映画デリシャスパーティ・プリキュア製作委員会
 お笑いコンビ・和牛(水田信二、川西賢志郎)が、人気アニメ『プリキュア』シリーズの映画最新作『映画デリシャスパーティ・プリキュア 夢みる・お子さまランチ!』(「・」はハート 9月23日公開)に出演し、ロボット役を務めることが16日に発表された。これまで声の仕事としては、ラジオの朗読劇(オーディブル)やCMキャラクターを務めることはあったが、アニメ作品に声優として参加するのは今回が初となる。

【写真】どんなキャラ?演じるロボット設定画 アフレコする和牛の様子

 映画は、ある日突然、おいしーなタウンに現れた“お子さまランチ”のテーマパーク・ドリーミアが舞台で、遊び放題のドリーミアで思いっきり楽しむ主人公の和実ゆい(キュアプレシャス)たちだったが、園内で異変が起きる。ごはんの力を信じて困難に立ち向かうプリキュアと、ゆいみたいなヒーローになりたいと願うコメコメのあこがれの想いが、大きな奇跡を起こすストーリー。

 今回、和牛が演じるのはドリーミアの中で活躍するロボット役。ドリーミアの入り口でお客様をお迎えしたり、フードコートでお客様を案内するなど、関西弁と標準語を駆使して複数体演じ分ける。

 今回、和牛にオファーを出した理由について製作プロデューサーは「本作の明るくおいしそうな世界観に和牛さんがぴったり」と説明。

 オファーを受けた感想について川西は「(マネージャーに)漫才みたいに掛け合いのある役なの?と聞きましたら、「あ、ロボットです。」と言われました。驚きました」と驚き、水田は「もともと料理人をやっていたことがようやく(仕事に)つながりましたね」と手応え。

 見どころについて川西は「お子さんなりの視点と親目線での楽しみ方の2パターンがあるんじゃないかと思いました。(僕たちは)一役だけじゃなくて、いろんなロボットの声を我々やってますので、見てみていただけたらありがたいです」とアピール。水田は「見る年代によって、感じるものが違うと思うので、今回見てもらって、年を取ってからも見て欲しいので、4年に1回は見て欲しいですね。(笑)」と笑いを誘った。

このニュースに関するつぶやき

  • 和牛久しぶりに名前聞いたわ
    • イイネ!6
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(36件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定