天才科学者が歩む激動の半生――ロザムンド・パイク主演『キュリー夫人』ドラマティックな予告解禁

1

2022年08月16日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ポスタービジュアル (C)2019 STUDIOCANAL S.A.S AND AMAZON CONTENT SERVICES LLC
映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ポスタービジュアル (C)2019 STUDIOCANAL S.A.S AND AMAZON CONTENT SERVICES LLC
 女優ロザムンド・パイクが主演を務める映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【動画】ロザムンド・パイクがキュリー夫人に

 本作は、1903年にノーベル物理学賞、1911年に同化学賞を受賞するという史上初めてノーベル賞を2度受賞した天才科学者キュリー夫人の知られざる激動の半生を描く愛と情熱の物語。

 19世紀、パリ。ポーランド出身の若き女性研究者マリ・スクウォドフスカは、ソルボンヌ大学から性差別を受け、ろくに研究の機会を与えられなかった。そんな中、同僚の科学者ピエール・キュリーと運命的な出会いを果たし、結婚してキュリー夫人となる。彼の支援で研究に没頭した彼女は、ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見したことから夫婦でノーベル賞を受賞。科学界を席巻するが、ふたりの幸せは長続きせず、夫は不慮の事故死を遂げてしまう。さらに、彼女が発見したラジウムは癌細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていくのだった。

 キュリー夫人を熱演したのは『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。公私ともに支えあった夫ピエールには、『マレフィセント』シリーズのサム・ライリー。研究所の同僚ポールは『どん底作家の人生に幸あれ!』のアナイリン・バーナード。母の才能を受け継いだ娘イレーヌは『ラストナイト・イン・ソーホー』のアニャ・テイラー=ジョイが演じた。監督は『ペルセポリス』のマルジャン・サトラピが務め、『ワンダー 君は太陽』の脚本家ジャック・ソーンや『博士と彼女のセオリー』のプロデューサーを務めるティム・ビーヴァンとタッグを組み、苦悩するキュリー夫人の揺れ動く心情を丁寧に描いている。

 予告編は、主人公のマリ・スクウォドフスカが将来の夫となるピエール・キュリーと出会うシーンから始まる。公私ともに親睦を重ねていく二人は、ある鉱石の中に未発見の元素を見つける。その後、マリは研究所を追い出されてしまう不遇に見舞われるが、「私が真実を解明してみせる」と懸命に研究を続け、「原子が有限であるというのは、間違いだったのです。私はこの現象を“放射能”と名付けます」と発表する。

 この研究はノーベル賞受賞を果たすが、推薦状には夫の名前しか無かった。女性というだけで正当な評価を受けることが出来ず「功績をひとりじめ? 私の研究でもあるの」と憤るマリ。終盤では「ラジウムは病気になると噂されてる。私たちの発見は果たして、人類に貢献したのだろうか」「私は生涯をかけて、不可能を解明したかった」「これが私の戦い方。生きる道です」という印象的なセリフが続き、最後はマリが大勢の人々から拍手を受ける姿で終了。さまざまな困難に挑んだ彼女の人生に興味がふくらむ、ドラマティックな予告となっている。

 ポスタービジュアルは、ロザムンド演じるマリ・キュリーを大きく配置し、その横に彼女の人生に深く関わった夫ピエール(サム)、娘イレーヌ(アニャ)、同僚ポール(アナイリン)の3人を並べたもの。キュリー夫人の並々ならぬ研究への情熱と、愛する人々との交流を表現したビジュアルに仕上がっている。

 映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』は、10月14日より全国順次公開。

このニュースに関するつぶやき

  • 予告見ましたが、濃厚な人間ドラマが期待できそう!「博士と彼女のセオリー」のスタッフが関わっているので、映画ファンは見逃し厳禁!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定