大雨の北海道 引き続き土砂災害などに警戒 雨がやむのはいつ?

2

2022年08月16日 11:16  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

大雨の北海道 引き続き土砂災害などに警戒 雨がやむのはいつ?

北海道では昨日(15日)から道南方面を中心に広い範囲で雨が強まり、記録的な雨となった所もありました。雨はいつまで続くのか、回復はいつになるのかなど、詳しく解説します。



●統計史上1位の雨となった所も


前線を伴った低気圧が北海道を通過中で、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。北海道では昨日(15日)の午後から次第に雨が強まり、今日(16日)昼前にかけて道南方面を中心に雨脚が強まっています。檜山地方の今金では午前10時までの12時間降水量が177.0ミリに達し、1976年の統計開始以来最も多い記録を更新しました。また、十勝地方の新得では朝に、1時間に35.5ミリの激しい雨が降り、1976年の統計開始以来、最も多い1時間降水量となりました。なお、数値は速報値のため、後日更新される可能性があります。また、土砂災害警戒情報の発表されている地域も多く、降り続く大雨のため、土砂災害の危険度が高まっています。土砂災害の前兆には、崖にひび割れができる・崖や斜面から水が湧き出る・地鳴りがするなどがあります。こうした前兆現象に気づいたら、周囲の人に声を掛け合って、いち早く安全な場所に避難することが大切です。


●この後雨の強まる場所は? 回復はいつ?


道南方面の雨のピークは過ぎつつあり、午後は次第に雨のやむ所が多くなる見込みです。道央や道北、道東方面では引き続き雨が降りやすく、この後の雨の中心は道北や道東となりそうです。雷を伴って1時間に30ミリから40ミリと激しい雨の降る恐れがあります。引き続き、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に厳重に警戒し、最新の気象情報やお住いの自治体からの情報を確認するようにしてください。夜遅くになると、この雨も次第におさまってくる所が多い見込みです。明日(17日)は天気が回復し、日中は全道的に晴れて青空が見られるでしょう。風も弱まる所が多くなります。なお、雨がやんだり天気が回復しても、地盤の緩んだ状態は続く恐れがあります。また、すぐに川の水位が低くなるわけでもありません。引き続き傾斜地や川のそば、用水路など危険な場所には近づかないようにしてください。


このニュースに関するつぶやき

  • 今年の秋は例年以上に熊に注意だな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定