北陸 18日(木)まで災害級の大雨のおそれ

3

2022年08月16日 18:32  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

北陸 18日(木)まで災害級の大雨のおそれ

北陸地方では、18日(木)にかけて断続的に発達した雨雲が発生し、総雨量が多くなる恐れがあります。前線が同じ位置に停滞した場合は記録的な大雨となる所があり、災害級となるおそれがあります。雨雲レーダーで常に最新の情報を確認し、身の安全を取るようにして下さい。



●前線が北陸地方に南下後、停滞。18日朝には前線上に低気圧が発生して総雨量が多くなるおそれ


前線を伴った低気圧が北海道付近を進み、寒冷前線が日本海を南下しています。北陸地方には暖かく湿った空気が西から流れ込み、既に激しい雨や非常に激しい雨の降っている所があります。このあと、17日(水)朝にかけて、前線が北陸地方を南下するでしょう。雷を伴って1時間に30mm以上の激しい雨が降るでしょう。局地的には1時間に50mmの非常に激しい雨が降るおそれもあります。17日(水)の日中は一旦雨が弱まる所もありますが、前線は北陸付近に停滞するため、暖かく湿った空気の流れ込みは続くでしょう。さらに、17日(水)夜〜18日(木)朝にかけては、前線上に低気圧が発生して北陸付近を進み、再び激しい雨や非常に激しい雨の降るおそれがあります。北陸地方では雨の降る期間が長くなるため、総雨量が多くなる所があるでしょう。18日(木)にかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。交通機関の遅れや運休のおそれもありますので、最新の交通情報をご確認ください。また、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうにも注意してください。


●予想雨量、雨のピークは?前線が同じ位置に停滞した場合は記録的な雨量となるおそれも


現段階の予測では、雨のピークは2回の所が多いでしょう。〜粟が南下する今夜〜17日(水)朝にかけて∩粟上の低気圧が通過する17日(水)夜〜18日(木)朝にかけてこの時間を中心に局地的に1時間に50mm以上の激しい雨の降る所があるでしょう。これから17日(水)18時までの24時間雨量は、新潟県から石川県にかけて多い所180mmの予想です。さらに、18日(木)18時までの24時間雨量は、、富山県・石川県・福井県で100〜150mmの予想です。同じような位置に前線が停滞した場合は、総雨量がさらに増え、記録的な雨量となるおそれがあります。災害発生リスクも高まりますので、厳重な警戒が必要です。※雨のピークの時間帯・総雨量ともに、前線の位置次第で大きく変わる可能性があります。雨雲レーダーなどで、最新の情報を常に確認し、身の安全を取ってください。


●夜間に避難は危険な場合も 避難の際の注意点は?


現段階の予測では、雨のピークは夜の暗い時間帯となりそうです。夜になってからの避難は危険な場合がありますので、周囲に崖や川がない場合などはその場に留まっていた方が安全な場合もあります。ただ、崖の近くなど危険な場所からは速やかに避難しましょう。避難をする際はできるだけ複数人で避難するようにしましょう。避難をするルートは、できるだけ河川や水路から離れた高い道路を通りましょう。夜間の暗い時間帯の場合は側溝や水路に転落するおそれがあります。浸水や冠水した場合は危険なものが落ちている恐れもあるので、ヘッドライト装着し、傘などの棒のようなもので周囲の状況を慎重に確かめつつ、避難しましょう。また、車での避難は道路渋滞だけでなく、道路の冠水によって走行不能になることもありますので、避けましょう。浸水が進み、避難できない場合などは、建物のできるだけ高い階に避難し、なおかつ崖から離れた場所に移動しましょう。


このニュースに関するつぶやき

  • 真夏は、週に2回くらい夕立ちがほしい。昔は、それくらいスコールが有ったよ!。
    • イイネ!9
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定