Windowsのセキュリティ更新プログラムに不具合 インストールに失敗し「0x800f0922」エラーを表示

6

2022年08月16日 18:42  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真8月9日にリリースされた「KB5012170」にインストールできないことがある不具合が見つかった
8月9日にリリースされた「KB5012170」にインストールできないことがある不具合が見つかった

 米Microsoftは8月12日(現地時間)、8月9日にリリースしたWindowsのセキュリティ更新プログラム「KB5012170」に不具合があることを明らかにした。インストールに失敗し、エラー「0x800f0922」が表示される場合があるとしている。



【その他の画像】



 KB5012170は、セキュアブートに見つかった、セキュリティ機能がバイパスされ悪意のあるソフトウェアを読み込まれてしまう可能性がある脆弱(ぜいじゃく)性に対応したもの。インストール不具合はこのKB5012170でのみ発生し、同日リリースされた累積的なセキュリティ更新プログラムや、機能アップデートなどには影響がないとのことだ。



 原因は現在調中だが、KB5012170をインストールする前に、UEFI BIOSを最新バージョンに更新することで、不具合を回避できる可能性があるとしている。



 本問題の影響を受けるプラットフォームは下記の通りだ。



・Windows 11 バージョン 21H2



・Windows 10 バージョン 21H2



・Windows 10 バージョン 21H1



・Windows 10 バージョン 20H2



・Windows 10 Enterprise LTSC 2019



・Windows 10 Enterprise LTSC 2016



・Windows 10 Enterprise 2015 LTSB



・Windows 8.1



・Windows Server 2022



・Windows Server バージョン 20H2



・Windows Server 2019



・Windows Server 2016



・Windows Server 2012 R2



・Windows Server 2012


このニュースに関するつぶやき

  • 今月10日の配布時点で問題なくインストールされてるけれど、コレ自体が不具合を起こす訳では無いって事ね、じゃアインストールとか必要ないか
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定