スマホの画面が猫まみれ? 「Android 13」のイースターエッグは“絵文字祭り”だった

2

2022年08月16日 20:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真Android 13
Android 13

 米Googleが8月15日(現地時間)に正式リリースした、スマートフォン向け最新OS「Android 13」。同日時点では、「Pixel 4/4 XL」以降のPixelスマートフォンにのみ提供しており、2022年後半にはソニーやシャープ、Samsung、Xiaomi、Oppo、ASUSなどの各メーカーでも利用可能になる予定だ。



【その他の画像】



 新機能として、アプリアイコンを壁紙やテーマに合わせてカスタマイズできる他、アプリごとの言語設定の変更、個人情報をコピーしたクリップボードの自動履歴消去、通知機能のカスタマイズ、Chromebookでスマホに届いたメッセージの返信、スマホとタブレットのファイル共有機能、タブレットでのマルチタスク強化、空間オーディオ対応などを盛り込む。



 このように、さまざまな新しい機能が追加されている一方、この他にもAndroid 13にはイースターエッグが仕込まれている。



 Androidでは、バージョン情報を示すページにイースターエッグが仕込まれており、シリーズ恒例となっているのはご存じだろうか。起動方法は、「設定」→「デバイス情報」→「Android バージョン」と遷移し、表示される「Android バージョン」の部分を素早く3回タップするだけ。



 「Android 12」でイースターエッグを起動すると、アナログ時計が表示される。時計の針を12時に合わせると、「12」という数字が中央に現れ、スマホで設定した色で塗られた丸が模様として画面を覆い尽くす。では、Android 13でこのイースターエッグを起動するとどうなるのか。記者の持つ「Pixel 5a」をアップデートし、試してみることにした。



●一見するとAndroid 12と同じだが……



 通例通り「Android バージョン」を3回タップしたところ、Android 12と同様にアナログ時計が表示された。しかし、時計の針を12時に合わせても変化は起きない。そこで1時に時計を合わせてみたところ、画面中央に「13」の数字が現れ、色の付いた丸で覆われたページが表示された。



 中央の数字などを除きAndroid 12と同じイースターエッグかと思われたが、画面を長押ししたところ丸の模様が花柄に変化した。再度長押しすると、今度は顔の絵文字に変わり、再度長押しすると今度は猫の絵文字に。その後も長押しする度に、時計や猿、宇宙、フルーツ、海の生き物などの絵文字の模様に変化した。



 何度か画面を変えてみてみたところ、同じ猫の絵文字を表示する画面でも配置などが微妙に異なっており、配置パターンはランダムもしくは複数用意されていると思われる。なお、Android 13の新機能で絵文字に関するものは、特に用意されていないようだ。


このニュースに関するつぶやき

  • 「Android 13」 ギャラクシーに入れると、、、 ゲーム「マクロス VF-X2」で敵方の母艦がバトル13、マクロスFだと敵方はギャラクシー船団⇒バトルギャラクシー≒バトル13と脳内変換 (;・ω・)
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定