西武、完封リレーで首位攻防第1R制す 盒6回無失点で7勝目、森が決勝2ラン

4

2022年08月16日 20:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ソフトバンク戦に先発した西武・盒狂成 (C)Kyodo News
ソフトバンク戦に先発した西武・盒狂成 (C)Kyodo News
○ 西武 2 − 0 ソフトバンク ●
<15回戦・ベルーナドーム>

 首位攻防第1ラウンドを制した西武は再び貯金10。2位・ソフトバンクとのゲーム差を2.5に広げた。

 西武は両軍無得点のまま迎えた4回、先頭の2番・源田が左前打で出塁。続く森はソフトバンク先発・石川の3球目ストレートを完璧に捉え、打球は右翼席中段に着弾する今季5号の先制2ランとなった。

 先発の盒兇詫彌蠅鯆める投球。4回は一死から安打と二塁打で二、三塁のピンチを招いたが、7番・柳町を一ゴロ、続く甲斐は左飛に退けゼロを刻んだ。先制してもらった5回以降も2イニング連続0封。6回5安打無失点の力投で救援時にあとを託した。

 7回以降は水上、スミス、増田が1イニングずつ無失点。首位攻防第1ラウンドを完封リレーで制し、盒兇6月24日以来の白星となる7勝目(7敗)、増田は7月9日以来となる23セーブ目(2勝2敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • ほんま、辻監督は名将やと思うわ
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定